極度に摩耗が進行したブレーキシュー。ここまで摩耗が進むとブレーキの効きは極端に悪くなってしまいます。

制動時の音も「ガー」「ザー」というような濁音系の大きな音を発生します。

効かないブレーキ

ブレーキに大きな金属粉が付着、摩耗が進行してゴムが無くなり台座の金属部分が露出しています。

この状態での自転車のご使用は、ブレーキが効かないだけでは済みません。このまま使用を続けると最後にはこのように・・・

ブレーキが効かない→リムが削れて最後には・・ブレーキが効かない→リムが削れて最後には・・その2

リムが削れて薄くなっていき最後には割れてしまいました。リム又はホイールの交換が必要となってしまいます。こうなると修理費用も嵩みます。

ブレーキの引きしろが増えた、効きが悪くなった段階で、お早目にブレーキシューの交換をお勧め致します。

ブレーキシューの摩耗と劣化も合わせてご覧ください。