DSCN0159[1]

パンク修理のためタイヤを外すと、タイヤの中がこのように・・・。タイヤの中にゴムの屑がたくさん・・・チューブの削れたカスです。

DSCN0160[1]

画像上は新品未使用のチューブ、画像下は最初の画像の自転車のチューブです。削れてカスが出た分、チューブの肉厚が薄くなり傷みが酷い状態と言えます。魚の鱗のようになっている箇所が削りカスが発生してしまった分、ゴムが薄くなりパンクも発生しやすくなってしまいます。

DSCN0161[1]

これだけの量のカスが出た分、チューブが部分的に薄くなりチューブの劣化が進行します。

DSCN0167[1]

カスが発生するチューブの傷みが進行して(チューブの劣化が継続する使用状態だったとも言えます)パンクが続いてしまったチューブ。酷くなると数か月に1回はパンクを繰り返すようになってしまいます。

きちんと空気を入れて自転車を使用する事が、チューブの傷みを最小限に抑えて長持ちさせられます。

また、空気が甘いままの使用が継続すると、チューブの傷みだけではなく、タイヤのひび割れも発生しやすくなってしまいます。チューブの傷みが原因でパンクが続くようならチューブ交換、同じ場合でチューブだけではなくタイヤの劣化も進行していればタイヤ&チューブ共に交換する事をお勧め致します。

しかし、新品に交換したから大丈夫・・・と過信しないでください。新たに交換したタイヤやチューブでも空気が甘いまま自転車に乗り続けると、場合によっては数か月で傷みの進行が始り劣化が進行していきます。

1か月に1回は最低でも自転車の空気圧を確認し、甘ければ億劫がらずに空気を入れましょう。

きちんと空気を入れて自転車に乗る事がタイヤとチューブの不必要な劣化を予防します。

9がつく日は自転車の空気を入れよう!キャンペーン

(財)自転車産業振興協会9がつく日は自転車の空気を入れよう!キャンペーン