セオサイクル竹の塚店で使っているグリスが勢ぞろい

DSCN0353[1]

手前はお馴染みのシマノグリス。粘度が高く耐久性、耐水性に優れています。

ワコーズシリコングリスとパットグリス。

左2本は耐久性、耐水性に優れたワコーズTGタフグリース(緑色)とフリクションロス重視の場合に使用するSMG2(黄土色)。

缶入りはSFRと一般車用高粘度グリス

お客様のご指定がない限り、グリスの種類と使用量は耐久性重視で使用します。お好みやご指定があれば承りますので、遠慮なく申し付けてください。

DSCN0354[1]

スプレーグリス、シマノローラーブレーキ専用グリス、カーボン製品用フィニッシュライン・ファイバーグリップ

シティサイクルの場合、、、お客様の自転車の修理を承って常々感じますが、適切にグリスを使用して組立て整備をしているお店のなんと少ない事か・・・努力を惜しまず、グリスはケチらずの心構えを忘れずに仕事に取り組んで行きたいと思います。

アンジェリーノのスタンドが上がらない等の修理で当店にお越しになったお客様は、グリスの必要性と重要性を体感して頂けているのではないでしょうか。

スポーツ車の場合、グリスは外見からはわかりませんが非常に重要な役割を果たしています。ご希望に応じたオーバーホールも承っております。お問い合わせください。

個々のグリスについての紹介は、改めて書かせて頂きたいと思います。