MAVIC R-Sys SLR クリンチャー  シマノ対応フリーボディM11

MAVIC R-Sys SLR

ヒルクライム、加速性能、そして超軽量、抜群の衝撃吸収性による乗り心地の良さ、エグザリット2による抜群のブレーキング性能。そしてMAVICホイールに共通した長所である抜群の耐久性。

軽量で駆動ロスなく抜群の加速力があるのに乗り心地も良く、カーボンスポークを使用したトラコンプテクノロジーの最高到達点がここにあります。柔らかく捩れて振動を逃がすホイールではありません。キシリウム系アルミスポークホイールと比較すると、荒れた路面からの衝撃の角が取れて、振動吸収性はワンランク上になります。カーボンスポークの特性のためです。段差の衝撃が尾を引かないのに、たわみがない高剛性、乗り心地は独特なものがあり、スチールスポークのホイールとも別物です。

高速巡航時におけるエアロダイナミクス以外の項目は全て最高得点をあげても良いと思える究極のホイールです。高速巡航もカーボンディープと比較すれば、、、というだけなので個人的には35km/h以下の速度域でロングライドといった使用状況ならR-SYSを選択します。太いカーボンスポークの空気抵抗が、、、と言われてもいますが、この速度域なら違いは気になりません。軽量且つトラコンプカーボンスポークがつっぱり棒としてホイールを構成しているので、ダンシングでもがいてもホイールが捩れません。加速や登り坂が気持ちいいホイールです。

エグザリット2加工は英KERONITE社によって行われています。要はプラズマ電解酸化皮膜処理=硬く耐摩耗性が非常に高く、耐熱性や対疲労強度に非常に優れ、凹凸面やエッジ部分にも均一な皮膜処理が可能な表面処理技術。ビッカース硬度は6061アルミニウム合金で105Hv、7000系アルミニウム合金で155Hv程度ですが、KERONITE社の手によるエグザリット2は3層の処理により1500Hv程度と15倍ほどまで高められています。ブレーキによるリムの磨耗が限界まで軽減され、非常に高い耐久性を誇ります。ウェット時のブレーキング性能は別次元!とても良く効きます。

エグザリット2専用ブレーキシュー、ホイールバック付属。締めやすさ抜群のクイックレリーズも、もちろん付属しています。

メーカー希望小売価格:235,000円(税別)販売価格はお店にて

ホイール重量1,295g(タイヤ付1,835g)1P フロント:555g リア:740g

その実測重量は、、、

タニタKD-320デジタルスケール

ペドロス・パーツトレー実測400gをスケールに乗せて基準値0g設定にします。

MAVIC R-SYS SLR実測重量

ご商談のお客様には特典としてモザイクを外した画像をお見せします!

続く