ブリヂストン・アンジェリーノなどに代表されるオートロックスタンド。便利ではありますが、グリス、オイルが切れると構造上、スタンドが上がらなくなってしまう場合があり­ます。
オートロックスタンドが上がらなくなり走れなくなってしまった場合の対処、リカバリー方法をご説明いたします。

ブリヂストンアンジェリーノ・オートロックスタンド

スタンド後側のエッジ部分とロックレバーの接点にグリスを塗ります。画像の緑色に見えるのがグリスです。この箇所にグリスを塗る事が重要です。グリスをお持ちでない場合は、間に合わせの処置ですが、同じ箇所に注油すると長持ちはしませんが、同様の効果はありますのでお試しください。

ブリヂストンアンジェリーノ・オートロックスタンド

このように接触しながらスタンドが上がる構造になっています。そのため、油分が切れたまま使用を継続すると、スタンドが上がらなくなってしまう場合があります。動作がなんとなく重くなった、上がりにくくなったら早めの対処をお勧めいたします。油分が切れて動作不良のまま使用を継続すると、どんどん症状が進行してしまいます。

セオサイクルでお買い求め頂いた自転車は注油、点検は無料です!お気軽にご来店頂き、申し付けてください。

スタンドが上がらなくなってしまった場合も、長持ちするグリスを塗って直る場合であれば無料でグリスを施工致します。症状が酷い場合は注油では改善せず、スタンド稼動接触部分の加工修理が必要になる場合もあります。

他店購入自転車の注油及びグリス塗布、症状が酷くスタンド修理が必要な場合は有料になります。予めご了承下さい。