Front:670g Rear:875g Pair:1545g WTS Pair:2085g(コスミックカーボン40Cと同重量)信頼のTgMAXテクノロジー40Cと同じリムを使用し、アルミ製ハブとなり、ホイールバッグは付属しません。MAVIC2015年度の追加モデルになります。

NEWイクシオンプロ700×23Cクリンチャータイヤ付 属。リムサイドのCOSMICステッカーはブラックマットとホワイトの2色有り。

カーボンリム用ブレーキシュー、専用ニップル回し、ハブ玉当り調整スパナ付属。

コストパフォーマンス抜群!と言える40Cの弟分、MAVICコスミックカーボン40エリート入荷しました。リムは40Cと同じなのでブレーキの効きはカーボンリム中トップレベルです!と言うよりもアルミリムを含めても市販ホイール中トップレベルのブレーキの効きの良さを誇ります。

メーカー希望小売価格

税抜き:255,000円

税込み:275,400円

販売価格は店頭にてご確認ください。

無風では26~28km/h位の速度からディープリムの効果が体感できます。後は速度の上昇と共に効果は増大(空気抵抗は速度の2乗に比例)します。強い向かい風なら20~25km/hでもその効果が体感できます。ブレーキの効きも良く、耐久性と信頼性のあるMAVICカーボンクリンチャーホイールはサイクリングロードのファンライドにもお勧めです。

MAVICホイールは剛性が高すぎて硬いから疲れる、と良く言われますが、モデルによってスポークの材質によって振動吸収性も乗り心地も大幅に違います。以前のキシリウムSL(モデル名SLSになる前)は抜群の応答性と引き換えに、確かに乗り心地は良いとは言えませんでした。スチールスポークモデル、カーボンスポークモデル、アルミスポークモデルと、それぞれ乗り味も振動吸収性も大きく異なります。

MAVICホイール全般で総論として語れるのは、振れが出にくくて耐久性がある。メンテナンスが容易で手間が掛からない。ブレーキがよく効く、といったところでしょうか。