こちらを最初に紹介しておくべきでした。

1.ホイールバランサー本体

2.測定の心臓部に当る加速度センサー(MEMSIC CXL04GP1モジュール)とモーター及びホイール装着部。DAコンバータ、PCインターフェイスデバイスを介してUSB接続のPCに測定信号が送られます。

3.各種ホイール装着用アダプター。スポーク数やクロス数に応じて使い分けます。

2011年よりテスト走行や機材の導入を検討していました。この頃からレース会場のブースで日本ロボティクス・ホイールバランサーの存在をご存知だった方もいらっしゃると思います。2011年セオフェスにも協賛&ブース出展をしていただきました。今回PC対応のパランサーType2発表に伴い機材を導入しました。PC接続のアイデアを日本ロボティクスさんに提供したのは、実は私でございます。

実走テスト等ノウハウをこれから積み重ねていきます。とりあえず簡単なインプレですが、高速巡航(下り坂直線は特に)で安定感が増して伸びますねー!ピタッと路面に吸い付くようになりバイクが暴れず速度低下が少なくなります。安定感が増して上質な乗り味になりますね。最後の仕上げに効き目がある調味料といった印象です。

モーターの消費電力は60km/hの速度で1gのバランスの崩れがあると0.5wの損失になります。走行感の改善だけでなく、効率の良い走りにも繋がります。

JCF日本自転車競技連盟

ホイールバランスに関する競技規則の解釈について

バランサー(おもり)は脱落が起こりえないように装着すれば、バランス調整のためにホイールに付加物を固定すること自体は、競技規則上許容されると解釈されます。