自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備

一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません。講習を受けなければ罰金が科せられます。

交通安全協会より抜粋

一定の危険な運転とは、信号無視、一時停止無視、飲酒運転、携帯電話やスマートフォンを操作しながらの片手運転などが該当します。

自転車だからといって甘く軽く考えずに、交通法規とマナーを守った乗車を心がけましょう。

自転車道路交通法改正Yahooニュース