MAVICキシリウムプロカーボンSL Cクリンチャーホイールが入荷しました!

フルカーボンリムに設計変更され発売が遅れておりましたが、ついに入荷しました。徹底したブレーキ対策&熱対策を施されて新登場です!!

特許技術のiTgMAXの詳細はcyclesports.jpでご確認ください。

重量:1390g(Pair)、F18H、R24H、新採用の40ノッチ・インスタントドライブ360ハブ、ステンレススポークによるフリー側ラジアル組(イソパルス)、リムハイト25mm、ワイドリム&イクシオンプロ700×25Cタイヤ付属、カーボンリム用ブレーキシュー付属、ホイールバッグは付属しません。

USE 25-32 Inner Tube only(ラテックスチューブ使用不可)

MAX 8Bar(117PSI)

注意:カーボンクリンチャーホイールは必ずホイールの適正空気圧(上限空気圧)をお守りください。MAVICのカーボンホイールではありませんが、振れ取りでリムが膨れてしまっているケースを多く見受けます。タイヤの上限空気圧が9Barだとしても必ず8Bar以下の空気圧でご使用ください。

メーカー希望小売価格

税抜き:280,000円

税込み:302,400円

カーボンリム&ステンスポークの組み合わせは振動吸収性も良さそう。軽量ローハイトリムはロングライドにマッチしそうです。個人的にとても使ってみたいホイールです。

2016年10月29日追記

セオサイクル社内試乗会にて試乗してきました。

加速も良くブレーキもよく効き、乗り心地も良いのですがヨレは感じず鈍さはありません。尖がった性格のホイールではなく、全てにおいて高次元にバランスが取れているホイールです。レースからロングライドまで使えるでしょう。

イソパルス組(後輪フリー側ラジアル組)には伸びのないアルミスポークが必須と思っていましたが、後輪を24Hにする事により、ステンレススポークでも捩れやたわみを抑え、振動吸収性を備えたバランスの良さが持ち味のホイールになりました。

カーボンスポークのR-SYS、アルミスポークのKsyrium系統のライディングフィールとは異なり、ステンスポークのKsyriumエリートの上位互換的な印象を受けました。

ペダリングを止めたとき今までのMAVICホイールとはフリーの音が全く違うので驚きましたが、これは慣れの問題。正直とても気に入りました。

2017年1月16日追記

MAVICホイールタイヤシステム及びヘルメットご購入のユーザーはMAVICケアサービスに登録して頂くと、

1.保証期間を3年に延長

2.2年間有効のクラッシリプレイスメントプログラムが適用されます。

アメアスポーツジャパン経由の正規輸入品が対象となります。シリアルナンバーを入力するので補修部品の手配もスムースになります。

2017年7月1日追記

展示品現品限りをアウトレット価格にて販売致します。お問合せください。

井田