駆動系のお掃除をしましょう!

最終更新日時 : 2018年4月1日

チェーンには定期的な注油が必要です。しかし付け過ぎも良くありません。注油し過ぎを継続し、お掃除を怠ってしまうと、、、画像のように汚れが堆積してしまい、ガイドプーリーの回転はメチャメチャ重く抵抗が増えてしまっています。

プーリーの回転抵抗は、(あくまでも回転抵抗だけの比較です。耐久性等は別のお話)

息を吹きかけただけで回るセラミックベアリングプーリー>>>純正プーリー>>>>>>>>画像の状態まで油汚れが堆積したプーリー

汚れていたらクリーニングをしてから注油する事をお勧めします。ここまでの汚れを徹底的にクリーニングすると、見違えるように自転車が軽くなります。

通勤通学で雨天走行もされる方はチェーンに砂や泥が付着してしまいがち。それがいわばやすりのような役割をしてしまい、チェーンやリアディレイラーのプーリー、チェーンリング、スプロケットの駆動系を削り、大幅に寿命を縮めてしまいます。画像の新旧チェーンリング歯先の摩耗度や形状をご確認ください。画像はオーバーホールも兼ねて、フレーム組み換えのご依頼を承ったロードバイクのリアディレーラー・テンションプーリーとチェーンリングです。

汚れがひどいときには、ひと手間掛けてお掃除してから注油しましょう。またチェーンへの注油は付け過ぎも良くありません。少量をチェーンの表面全体に薄く油膜ができれば充分です。定期的な注油でチェーンの薄い油膜をキープして、汚れがひどくなってきたらクリーニングしてから注油を推奨します。

セオサイクル竹の塚店ではワコーズやフィニッシュライン製品を中心に、クリーニング用のケミカル用品も取り揃えております。

一般車の場合、そもそもご自分で注油しない方も多いので、、、お店では上記のスポーツバイクの場合と異なり、多めに注油しておくケースが多いです。

耐久性重視や駆動抵抗の軽減重視などのご要望があれば、それに沿ったメンテナンスを承っております。

竹の塚店 井田

 

PAGE TOP