チェーンに注油を怠ったまま、油膜切れで自転車を乗り続けると・・・

摩耗したチェンリング

このように元々台形のチェンリングの歯先が摩耗して三角形になるまで削れてしまいます。こうなってからでは、注油してもキシミ音が発生しやすく快適にお乗り頂くことができません。

新品チェンリング

こちらは新品のチェーンリングの歯先。変速性能を良くするために一つずつ歯先のカッティングが異なり微妙に形状が違いますが、摩耗した最初の画像との違いがお分かり頂けますでしょうか?

チェーンの注油を適切に行っていれば、フロント・チェンリングは早々摩耗するものではありません。注油により寿命を大幅に伸ばして長持ちさせることができます。

自転車は注油しなくともとりあえず走れてしまいますが、チェンリング、チェーン、スプロケットの摩耗を著しく早め寿命を縮めてしまいます。

チェンリングの摩耗はスポーツバイクではギヤを切り替えたときやペダルを逆転したときにチェーンが外れてしまう原因にもなります。

セオサイクル竹の塚店ではフィニッシュライン、ホワイトライトニング、ワコーズ等各種ケミカル類を販売しております。