注油の方法

1 oil1 まず、チェーンへの注油です。写真はスポーツタイプの自転車ですがチェーンが外から見えるタイプの自転車はすべて同様に注油することができます。
ペダルを逆回転させながら注油すると手早く差すことができます。チェーンの表面がまんべんなく油で湿っている程度が適量です。チェーンから油がしたたり落ちるようではつけ過ぎです。余分な油はぼろきれ等で拭き取ってください。
2 oil2 写真はスプレーオイルを使った注油です。この際、勢いよくスプレーしすぎてチェーン以外の部品に油がつかないように注意してください。写真では判りずらいかもしれませんが、ノズルの方向を前のギヤ側に向け、できるだけチェーンと平行になる方向へスプレーすると良いと思います。車輪(タイヤ、リム)に油が付くと部品の傷みが早くなるだけでなく、車種によってはブレーキが効かなくなり非常に危険です。車輪に油が付いてしまった場合は手早く拭き取り、洗剤で洗って油分を完全に落とすようにしてください。
3 oil3 写真は全ケースと呼ばれる、チェーンが表から見えないタイプの自転車の注油です。ケースの裏側の隙間からチェーンが見えますのでここから注油することができます。
4 oil4 また、写真のようにケースの裏蓋を外して注油すると、よりまんべんなくチェーンに油をいきわたらせることができます。
この際もスプレーオイルを使用するときはブレーキの本体など他の部品にオイルが付かないように注意してください。また、スプレーオイルは銘柄によっては乾燥が非常に早いものがあり、自転車に使用するのにはあまり適していない物もあります。オイルは自転車専用品をおすすめします。
5 oil5 スタンドの注油
スタンドの稼動部分(支点になるピン、バネをひっかけているところ)に注油してください。この際もオイルのつけ過ぎに注意してください。一ヶ所につき1~2滴の注油で充分です。
6 oil6 カギの注油
カギをかけた状態で作動部の隙間に注油します。
油が切れると作動が重く力が必要になり、カギがねじれてしまったり開かなくなり故障の原因にもなります。
7 oil7 カギの注油2
前輪錠の場合も同様にカギをかけた状態で作動部に注油します。
差しすぎる必要はありません。作動部の表面が油で湿る程度で充分です。
8 oil8 ワイヤー錠も同様に作動部に注油します。こちらはカギを開けた状態で注油します。
どのタイプのカギも同様ですが、油切れで作動が重くなると故障の原因になります。開かなくなる、作動が重くなり無理をしてキーをひねるとキーが捻じれたり折れたりして壊れてしまう場合があります。
開錠、施錠時にちょっと重くなったなと思ったら、お早めの注油をお薦めします。
9 big_oil9 注油時の注意事項1
左の写真は2点共に後輪ブレーキ本体の画像です。上はドラムブレーキ、下はブリヂストン製自転車に使用されているダイネックスブレーキ、他にシマノ製ローラーブレーキやサーボブレーキなどの形式があります。
全ての形式のブレーキ本体に共通の注油事項として、ブレーキ本体には絶対に油を差さないでください。音がするからと注油してしまうお客様が希にいらっしゃいますが、ブレーキが効かなくなり非常に危険です。
注油厳禁”の注意書きをご確認ください。
10 big_oil10
11 oil11 注油時の注意事項2
こちらは前輪のブレーキ本体です。
前輪のブレーキ本体(特にブレーキシュー=ゴム部)も同様に注油は厳禁です。