カテゴリー「 メンテナンス 」の記事

3件の投稿

チェーンには定期的な注油が必要です。しかし付け過ぎも良くありません。注油し過ぎを継続し、お掃除を怠ってしまうと、、、画像のように汚れが堆積してしまい、ガイドプーリーの回転はメチャメチャ重く抵抗が増えてしまっています。

プーリーの回転抵抗は、(あくまでも回転抵抗だけの比較です。耐久性等は別のお話)

息を吹きかけただけで回るセラミックベアリングプーリー>>>純正プーリー>>>>>>>>画像の状態まで油汚れが堆積したプーリー

汚れていたらクリーニングをしてから注油する事をお勧めします。ここまでの汚れを徹底的にクリーニングすると、見違えるように自転車が軽くなります。

通勤通学で雨天走行もされる方はチェーンに砂や泥が付着してしまいがち。それがいわばやすりのような役割をしてしまい、チェーンやリアディレイラーのプーリー、チェーンリング、スプロケットの駆動系を削り、大幅に寿命を縮めてしまいます。画像の新旧チェーンリング歯先の摩耗度や形状をご確認ください。画像はオーバーホールも兼ねて、フレーム組み換えのご依頼を承ったロードバイクのリアディレーラー・テンションプーリーとチェーンリングです。

汚れがひどいときには、ひと手間掛けてお掃除してから注油しましょう。またチェーンへの注油は付け過ぎも良くありません。少量をチェーンの表面全体に薄く油膜ができれば充分です。定期的な注油でチェーンの薄い油膜をキープして、汚れがひどくなってきたらクリーニングしてから注油を推奨します。

セオサイクル竹の塚店ではワコーズやフィニッシュライン製品を中心に、クリーニング用のケミカル用品も取り揃えております。

一般車の場合、そもそもご自分で注油しない方も多いので、、、お店では上記のスポーツバイクの場合と異なり、多めに注油しておくケースが多いです。

耐久性重視や駆動抵抗の軽減重視などのご要望があれば、それに沿ったメンテナンスを承っております。

竹の塚店 井田

 

ご自分で整備や組立をされるお客様で、意外に多く見受けられる状況ですが、、、

リアディレーラーにチェーンを通す際、正しく組み付けられていないケースが多く見受けられます。

しかも、この箇所の修理依頼ではなく、他のご依頼でお越しになり変速調整やチェックをすると、店側で見つけている場合がほとんどです。異音が発生しますし抵抗も大きいので「何かおかしい」と気付いて頂きたいところではあります。

シマノのリアディレーラー・マニュアルには、

「リアディレーラープレート組にはチェーンの脱線を防止するピン又は板(画像赤丸の箇所)が付いています。リアディレーラーにチェーンを通すときは、図のように脱線防止板よりリアディレラー本体側に通してください。正しい位置に通さないとチェーンやリアディレーラーが破損する恐れがあります。」

と、書かれています。ちなみにチェーンのマニュアルには、この注意事項の記載はありません。リアディレーラーのマニュアルに注意書きがあります。

確かに整備組立のご依頼は工賃が発生します。部品本来の性能を十分に発揮させ、調子良くお使い頂く為に、お金を頂く価値がある作業となるよう心掛けております。

竹の塚店 井田

MAVICカーボンリム用ブレーキシュー使用後

画像はMAVICカーボンリム用ブレーキシュー

ブレーキの効きが悪くなってきたのでメンテのために取外しました。雨の中を走ったせいか、前回のクリーニングからたいした走行距離でもないのに、汚れがずいぶん付着しています。

制動面をヤスリで綺麗にします。

これで新品同様の効きが復活します。

アルミリムの場合はブレーキシューの摩耗と劣化をご参考にしてください。

ブレーキの効きは安全面にも関わりますし、何よりも良く効くブレーキは力いっぱい握る必要がないので楽ちんです。まめなメンテナンスを心掛けたいものですね。

PAGE TOP