カテゴリー「 パーツ&アクセサリー(スポーツ) 」の記事

61件の投稿

MAVIC2018USTチューブレス展示会

6月21日(水)例年より早くMAVIC2018新製品展示会&セミナーが催されました。

各メディアでも既に発表されているように

サイクルスポーツ.jp マヴィックが「USTシリーズ」発表 最高に使いやすいロードチューブレス

シクロワイアード マヴィックがロード用チューブレスシステムを発表テーマはEasy,Safe,Fast

満を持してロードバイク用チューブレスシステムを発表しました。チューブレスタイヤは次元の違う圧倒的な走行感がありながら、ユーザー自身でビードを上げにくいなど、その扱いにくさから普及には至っていませんでした。MAVICはホイール(リム)とタイヤをシステムとして開発し、今までにない使いやすさを実現しました。

それに伴いキシリウムElite以上のクラスのホイールタイヤシステムはUSTとして大幅に刷新されます。

1.リムの断面形状をチューブレスタイヤのビードが上がりやすいように再設計

2.ETRTO規格621.95mm公差-0.5より高精度な621.95mm公差-0.35のビード直径

3.タイヤのコンパウンドを50種類以上テスト&トライを重ね、チューブレスタイヤとして最適化した新設計。現行Yksion PROよりコンパウンドは柔らかい。タイヤはHUTINSONとの共同開発。

ホイールとタイヤをセットで開発する事により、扱いやすいチューブレス・システム=UST(Universal System Tubeless)として生み出されました。厳密には一般的なチューブレスレディの半分以下30mlのシーラントを使うチューブレスレディです。

会場では装着を実際に試す事が出来ましたが、シーラントや石鹸水無しでもフロアポンプで確実にビートが上がり、携帯ポンプでもビートが上げられるというイージーさ。今まではホイールメーカー、タイヤメーカーによって異っていたビード直径をビードを上げやすい寸法にセットで設計し精度を高めた事が効果を発揮していると思われます。上尾East店の詳しいレポートも参考にしてください。

1.タイヤは前後同一となり推奨空気圧は5~7Bar(内幅17mmリムの場合)25C及び28C2サイズの展開となり、23Cの設定はありません。

2.最小限のシーラント30mlの使用を推奨するチューブレスレディ

3.チューブレス化に伴いホイールのスポークテンションも新たに見直し

2018チューブレスホイールシステムはアルミリムモデルのキシリウムPRO UST、キシリウムElite USTの発売が先になる予定です。カーボンリムモデルのホイールの発売はその後になる予定となっております。引き続きWTSホイールタイヤシステムの販売、USTタイヤにチューブ入りの状態でお店には入荷します。輸送時や長期保管時の安定性を考慮してチューブ入りの状態で出荷されるとの事です。チューブレス化ご希望のお客様には、納品時に付属のチューブレスバルブに交換して対応させて頂きます。30mlの少量とは言えシーラント入りのチューブレスレディなので、シーラント入れて空気を入れてビードを上げたのち、バイクに取り付けである程度の距離を乗り、シーラントをホイールの回転で満遍なく行き渡らせるのがベストです。直ぐに箱詰めでホイールを回転させない状態での保管ではシーラントが偏り、空気漏れも早くなってしまいます。さすがMAVIC、賢明な判断だと思います。

価格も現時点では決まっていません。より詳しく知りたい方はお問合せください。

6月27日追記:暫定価格が発表されました。お問合せ下さい。

2018NEWチューブレスホイールシステムのご予約も承っております。

出先で走行中にパンクしたら、扱いやすい対応策として(チューブレスはそもそもパンクリスクは少なく、万一パンクしても穴が小さく空気の抜けがゆっくりなスローパンクになる場合が多いです)

1.クリンチャータイヤと同様にスペアチューブを入れる

2.小さな穴であればパンク修理剤を注入CO2ボンベが確実だが携帯ポンプでもビートが上がる。携帯ポンプは小型タイプの流行もあり、1ストロークで送り出せる空気量は減少傾向です。100%確実に携帯ポンプでチューブレスタイヤのビードが上がる保証はできないため、CO2カートリッジ携行が確実だと思います。

一般ユーザーでもリカバリー対応がイージーになりました。逆にクリンチャータイヤのチューブ交換でビキナーが陥りやすいミス1.交換の際にチューブを噛んで新品のチューブが再びパンク 2.タイヤに異物が刺さったままチューブを交換してしまい再びパンク、はチューブレスタイヤで「2」の対応策なら起こらなくなります。

走行抵抗が少なく、抜群の振動吸収性、グリップが高いだけでなくグリップ感もつかみやすいチューブレスタイヤをより多くのお客様に味わって頂ければと思っております。

竹の塚店 井田

 

 

GIYO GF-6325フロアポンプ

お手頃価格で使いやすい、耐久性もノープロブレム、コストパフォーマンスが高いお勧めのフロアポンプGIYO GF-6325です。某CS誌の比較テストでも高評価を得ています。大きく見やすい圧力ゲージ、100psi以上の圧に上がったポンピングでも軽い。何よりもこの口金が使いやすいです。バルブキャップを取り付けるねじ山部分に浅く差し込み、レバーを起こせばOK。ロックレバーの操作感も軽く確実です。空気漏れで差し直すミスがほとんどなくなります。最後の画像はNGの見本、ねじ山が見えており刺さりも浅くホースに押されて曲がっています。これでは漏れてしまいます。

フレンチバルブにこの差し込みの浅さで使えるということは、メーカーでも公表していますが英式バルブにアダプターなしでこのまま空気が入れられます。

ベテランライダーなら充分にご存知な事ですが、ロードバイクはチューブが薄く軽量なため、1日で0.1~0.3Barくらいは空気圧が落ちます。乗る度に使いやすいフロアポンプで空気を入れ、適切な空気圧で常に乗ることをお勧めします。タイヤの適正空気圧の範囲内で圧力を調整し、自分好みの空気圧を把握しましょう。

お買い得な販売価格は店頭にてご確認ください。

竹の塚店 井田

クランクブラザーズklic hp携帯ポンプ

本体とホースの接続がマグネット方式になっているナイスなアイデア。手早くスムースに使用できる優れもののインフレーターをご紹介します。hpはハイプレッシャーの略でロードバイク用。ポンピングハンドルは折り畳み式で力の入れやすいT字ハンドル。口金部はホコリを防ぐ回転式ダストカバー=マグネットなので砂を呼び込みやすいため、また砂が付着すると取り除き難く空気も漏れやすくなってしまうため。フレーム固定用ブラケット付属。本体重量:115g、収納時全長:220mm。

実際にクランクブラザーズklic hpをバルブに装着して空気を入れるまでのアクションは、慣れると流れるような動作でカッコ良いほど!ねじ込みかマグネットかの違いで操作感がこれほど違うとは!恐れ入りました。携帯ポンプは出番こそ少なく使用頻度は少ないかもしれませんが、必需品のツールでもあり、出番のときには手間取らずに素早く使いたいものです。逆に携帯ポンプの使用頻度が高いということは走行中のパンクが多いということで、これはこれで可能な限り減らしたいアクシデントのひとつです。使用方法は特別なところはありませんが、ライトウェイプロダクツジャパン・公式サイトで紹介されていますので参考にしてください。

メーカー希望小売価格

税抜き:4,700円

税込み:5,076円

竹の塚店 井田

serfas USL-450ライト

serfas USL-200ライトのお兄さん、450ルーメンの明るさを誇るserfas USL-450ライトです。こちらもコスパ抜群のお勧めライトです。より明るさを求める方にお勧めします。

・USB充電方式(リチウムイオンバッテリー)・高照度450ルーメン(オーバードライブ)・米CREE社製の高品質LED採用・3段階のバッテリー残量表示・充電時間めやす3.5時間(0.5A給電時。USBアンペア数により変動)・IPX4レベルの防滴性能で雨天時も安心

ハンドルバー固定ブラケットは工具不要で径を調整した後にクイックレリーズ式。一度調整すればワンタッチで着脱可能です。しっかり固定できます。本体もアルミボディでしっかりした作りです。

連続点灯時間

オーバードライブ(450ルーメン)2.5時間

ハイ(200ルーメン)3.5時間

スタンダード(100ルーメン)7時間

ロー(50ルーメン)14.5時間

デイタイムフラッシュ(450ルーメン)25時間

ローフラッシュ(100ルーメン)20時間

ブラケット込重量:162g

メーカー希望小売価格

税抜き:3,900円

税込み:4,212円

竹の塚店 井田

MAVIC Ksyrium Eliteシューズ

MAVIC Ksyrium Eliteシューズ展示在庫始めました。

今回の入荷ははマキシフィットのホワイト。一般的なシューズで2E~3E程度のワイズのお客様にフィットするかと思います。セオサイクル竹の塚店ではシューズサイズ計測器をご用意しています。試着の際はシューズサイズ計測器も併せてご用命ください。大型店のようにたくさんの種類のシューズを在庫する事は出来ませんが、アーチ長ポインター(踵から母指球の長さを計測)は試し履きだけではわかりません。

ソール剛性(インデックスエナジートランスファー)はCOSMIC ULTIMATEの100に対して60にあえて落とし、適度なしなりを持たせたロングライド向け。レーサーシューズデビューの方にもお勧めのシューズです。フレームもシューズも値段が高ければ良い、剛性は高ければ高いほど良いというものではありません。前2か所のベルクロとラチェット式のバックルもどなたにも扱いやすく無難な選択。MAVICのシューズはソールの反りが少なくフラットに近いので、なじみやすく履いて頂けます。

シューズメーカーとしては後発のMAVICですが、同じアメアスポーツグループのSALOMON等からのノウハウをフィードバックしているのでしょう。堅実な作りのシューズです。SALOMONトレランシューズと同じオーソライト社製インソールはその1例。薄さのわりに衝撃吸収性に優れ、消臭効果も持たせた優れもののインソールです。

メーカー希望小売価格

税抜き:20,000円

税込み:21,600円

販売価格は店頭にてご確認ください。

PAGE TOP