カテゴリー「 パーツ&アクセサリー(スポーツ) 」の記事

60件の投稿

GIYO GF-6325フロアポンプ

お手頃価格で使いやすい、耐久性もノープロブレム、コストパフォーマンスが高いお勧めのフロアポンプGIYO GF-6325です。某CS誌の比較テストでも高評価を得ています。大きく見やすい圧力ゲージ、100psi以上の圧に上がったポンピングでも軽い。何よりもこの口金が使いやすいです。バルブキャップを取り付けるねじ山部分に浅く差し込み、レバーを起こせばOK。ロックレバーの操作感も軽く確実です。空気漏れで差し直すミスがほとんどなくなります。最後の画像はNGの見本、ねじ山が見えており刺さりも浅くホースに押されて曲がっています。これでは漏れてしまいます。

フレンチバルブにこの差し込みの浅さで使えるということは、メーカーでも公表していますが英式バルブにアダプターなしでこのまま空気が入れられます。

ベテランライダーなら充分にご存知な事ですが、ロードバイクはチューブが薄く軽量なため、1日で0.1~0.3Barくらいは空気圧が落ちます。乗る度に使いやすいフロアポンプで空気を入れ、適切な空気圧で常に乗ることをお勧めします。タイヤの適正空気圧の範囲内で圧力を調整し、自分好みの空気圧を把握しましょう。

お買い得な販売価格は店頭にてご確認ください。

竹の塚店 井田

クランクブラザーズklic hp携帯ポンプ

本体とホースの接続がマグネット方式になっているナイスなアイデア。手早くスムースに使用できる優れもののインフレーターをご紹介します。hpはハイプレッシャーの略でロードバイク用。ポンピングハンドルは折り畳み式で力の入れやすいT字ハンドル。口金部はホコリを防ぐ回転式ダストカバー=マグネットなので砂を呼び込みやすいため、また砂が付着すると取り除き難く空気も漏れやすくなってしまうため。フレーム固定用ブラケット付属。本体重量:115g、収納時全長:220mm。

実際にクランクブラザーズklic hpをバルブに装着して空気を入れるまでのアクションは、慣れると流れるような動作でカッコ良いほど!ねじ込みかマグネットかの違いで操作感がこれほど違うとは!恐れ入りました。携帯ポンプは出番こそ少なく使用頻度は少ないかもしれませんが、必需品のツールでもあり、出番のときには手間取らずに素早く使いたいものです。逆に携帯ポンプの使用頻度が高いということは走行中のパンクが多いということで、これはこれで可能な限り減らしたいアクシデントのひとつです。使用方法は特別なところはありませんが、ライトウェイプロダクツジャパン・公式サイトで紹介されていますので参考にしてください。

メーカー希望小売価格

税抜き:4,700円

税込み:5,076円

竹の塚店 井田

serfas USL-450ライト

serfas USL-200ライトのお兄さん、450ルーメンの明るさを誇るserfas USL-450ライトです。こちらもコスパ抜群のお勧めライトです。より明るさを求める方にお勧めします。

・USB充電方式(リチウムイオンバッテリー)・高照度450ルーメン(オーバードライブ)・米CREE社製の高品質LED採用・3段階のバッテリー残量表示・充電時間めやす3.5時間(0.5A給電時。USBアンペア数により変動)・IPX4レベルの防滴性能で雨天時も安心

ハンドルバー固定ブラケットは工具不要で径を調整した後にクイックレリーズ式。一度調整すればワンタッチで着脱可能です。しっかり固定できます。本体もアルミボディでしっかりした作りです。

連続点灯時間

オーバードライブ(450ルーメン)2.5時間

ハイ(200ルーメン)3.5時間

スタンダード(100ルーメン)7時間

ロー(50ルーメン)14.5時間

デイタイムフラッシュ(450ルーメン)25時間

ローフラッシュ(100ルーメン)20時間

ブラケット込重量:162g

メーカー希望小売価格

税抜き:3,900円

税込み:4,212円

竹の塚店 井田

MAVIC Ksyrium Eliteシューズ

MAVIC Ksyrium Eliteシューズ展示在庫始めました。

今回の入荷ははマキシフィットのホワイト。一般的なシューズで2E~3E程度のワイズのお客様にフィットするかと思います。セオサイクル竹の塚店ではシューズサイズ計測器をご用意しています。試着の際はシューズサイズ計測器も併せてご用命ください。大型店のようにたくさんの種類のシューズを在庫する事は出来ませんが、アーチ長ポインター(踵から母指球の長さを計測)は試し履きだけではわかりません。

ソール剛性(インデックスエナジートランスファー)はCOSMIC ULTIMATEの100に対して60にあえて落とし、適度なしなりを持たせたロングライド向け。レーサーシューズデビューの方にもお勧めのシューズです。フレームもシューズも値段が高ければ良い、剛性は高ければ高いほど良いというものではありません。前2か所のベルクロとラチェット式のバックルもどなたにも扱いやすく無難な選択。MAVICのシューズはソールの反りが少なくフラットに近いので、なじみやすく履いて頂けます。

メーカー希望小売価格

税抜き:20,000円

税込み:21,600円

販売価格は店頭にてご確認ください。

DURA-ACE Di2 (9070シリーズ)&ULTEGRA Di2 (6870シリーズ)カスタマイズメニューに3月10日付でシフトモード設定の追加がありました。

な、、なんと、新型DURA-ACE9150Di2だけの機能だったシンクロナイズドシフト&セミシンクロナイズドシフトに対応しました!(ロードバイクのコンポーネントでは。MTBコンポーネントXTR&XT Di2には既に搭載されていました。)

既にご存知でしょうけれども、シンクロナイズドシフトは「・リアを変速する。・フロントを変速する。」シフト操作だったものが、「ギヤテーブル(ギヤ比)に応じで段階的に変速する」に変わります。「・リアが変速する。・フロントが変速する。」のは、あくまでギヤ比を段階的に順番に変えた結果でしかありません。

セオサイクル扇橋店の投稿に先を越された感がありますが、スプロケットの歯数をコース状況に合わせて3種類使い分けている私はどうすれば、、、ホイールやスプロケットを交換する度に設定変更はめんどくさいな、、、などと躊躇っている場合ではありません。早速試してみたいと思います。レース使いのユーザーは自分の意志とは別にフロントが変速するのはデメリットと感じる人もいるかもしれません。シンクロナイズドシフト導入はユーザーの感覚や好みに依ると思います。

蛇足ですが私は走行中にチェーン外れを起こした事がありません。外れた経験が1度もないのでチェーンウォッチャーは取り付けていません。変速調整がきちんと出来ている前提ですが、フロント変速操作→チェーンが次のギヤに完全に移るまで軽くペダリングしてもがかない事が体に染みついているからだと思います。レースではこうはいかない場合もありますけれども。

フロント50×34T、リア12~25Tはきつい峠に行かない限り普段使いのメインギヤになっています。リア12Tから19Tまでが1枚飛びのクロスレシオはサイクリングロードを中心に平坦路で細かくギヤ比が変えられるので便利です。トップ11Tは使いませんし。

バッテリーマウントを内装バッテリー仕様はBT-DN110、外装バッテリー仕様はBM-DN100を組み付けている事が、シンクロシフト対応ファームウェアアップデートの条件になります。

E-Tube Projectでシンクロナイズドシフトモードのファームウェアインストール後に、コックピット用ジャンクションでシフトモードの選択をして設定完了となります。

コックピット用ジャンクションのボタンをダブルクリックする都度シフトモードが切り替わります。

緑点灯2秒間&赤点灯2秒間:マニュアルモード

緑点滅2秒間&赤点滅2秒間:E-Tube Project設定シフトモード1

緑点滅3秒間&赤点滅3秒間:E-Tube Project設定シフトモード2
EW-WU101ワイヤレスユニットが iPad、 iPhone、Android Tablet、 Android Smartphone全ての端末に対応し、使い勝手も良くなりました。互換縛りも無くなったようで、今回のファームウェアアップデートは素晴らしいですね。
シマノE-tube Project詳細

5月7日追記

スポニチ佐渡ロングライドに参加するお客様のロードバイクを点検していた時の事・・・リア変速機の動作チェックをしていたら、いきなりフロントディレーラーが「ウィッ」の音と共にアウターに上がり驚きました。事前にシンクロシフト設定になっているというココロの準備が必要だと思った次第です。検査証は「変速ワイヤー」となっていましたがDi2が正確に正常動作していましたのでチェックOKにしておきました。

全く個人的な感想ですが、流して走っている時や強い向かい風でインナー固定×リア13~15Tの組み合わせも使う事、アウター×ローで登り切れる坂はその後の下りに備えてアウター×ローで登り切ってしまいたい、自分の意志のタイミングでフロントは変速してほしい(フロント変速時はペダリングを加減しているし)等の理由で自分のバイクではシンクロシフトは一時停止しております。ロングライドやツーリング的なフィーリングでライドを楽しまれている方には好みに合えば、頭の中でギヤ比を考える必要がないのでシンクロシフトはとても便利だと思います。

竹の塚店 井田

 

PAGE TOP