カテゴリー「 タイヤ 」の記事

9件の投稿

MAVIC2018USTチューブレス展示会

6月21日(水)例年より早くMAVIC2018新製品展示会&セミナーが催されました。

各メディアでも既に発表されているように

サイクルスポーツ.jp マヴィックが「USTシリーズ」発表 最高に使いやすいロードチューブレス

シクロワイアード マヴィックがロード用チューブレスシステムを発表テーマはEasy,Safe,Fast

満を持してロードバイク用チューブレスシステムを発表しました。チューブレスタイヤは次元の違う圧倒的な走行感がありながら、ユーザー自身でビードを上げにくいなど、その扱いにくさから普及には至っていませんでした。MAVICはホイール(リム)とタイヤをシステムとして開発し、今までにない使いやすさを実現しました。

それに伴いキシリウムElite以上のクラスのホイールタイヤシステムはUSTとして大幅に刷新されます。

1.リムの断面形状をチューブレスタイヤのビードが上がりやすいように再設計

2.ETRTO規格621.95mm公差-0.5より高精度な621.95mm公差-0.35のビード直径

3.タイヤのコンパウンドを50種類以上テスト&トライを重ね、チューブレスタイヤとして最適化した新設計。現行Yksion PROよりコンパウンドは柔らかい。タイヤはHUTINSONとの共同開発。

ホイールとタイヤをセットで開発する事により、扱いやすいチューブレス・システム=UST(Universal System Tubeless)として生み出されました。厳密には一般的なチューブレスレディの半分以下30mlのシーラントを使うチューブレスレディです。

会場では装着を実際に試す事が出来ましたが、シーラントや石鹸水無しでもフロアポンプで確実にビートが上がり、携帯ポンプでもビートが上げられるというイージーさ。今まではホイールメーカー、タイヤメーカーによって異っていたビード直径をビードを上げやすい寸法にセットで設計し精度を高めた事が効果を発揮していると思われます。上尾East店の詳しいレポートも参考にしてください。

1.タイヤは前後同一となり推奨空気圧は5~7Bar(内幅17mmリムの場合)25C及び28C2サイズの展開となり、23Cの設定はありません。

2.最小限のシーラント30mlの使用を推奨するチューブレスレディ

3.チューブレス化に伴いホイールのスポークテンションも新たに見直し

2018チューブレスホイールシステムはアルミリムモデルのキシリウムPRO UST、キシリウムElite USTの発売が先になる予定です。カーボンリムモデルのホイールの発売はその後になる予定となっております。引き続きWTSホイールタイヤシステムの販売、USTタイヤにチューブ入りの状態でお店には入荷します。輸送時や長期保管時の安定性を考慮してチューブ入りの状態で出荷されるとの事です。チューブレス化ご希望のお客様には、納品時に付属のチューブレスバルブに交換して対応させて頂きます。30mlの少量とは言えシーラント入りのチューブレスレディなので、シーラント入れて空気を入れてビードを上げたのち、バイクに取り付けである程度の距離を乗り、シーラントをホイールの回転で満遍なく行き渡らせるのがベストです。直ぐに箱詰めでホイールを回転させない状態での保管ではシーラントが偏り、空気漏れも早くなってしまいます。さすがMAVIC、賢明な判断だと思います。

価格も現時点では決まっていません。より詳しく知りたい方はお問合せください。

6月27日追記:暫定価格が発表されました。お問合せ下さい。

2018NEWチューブレスホイールシステムのご予約も承っております。

出先で走行中にパンクしたら、扱いやすい対応策として(チューブレスはそもそもパンクリスクは少なく、万一パンクしても穴が小さく空気の抜けがゆっくりなスローパンクになる場合が多いです)

1.クリンチャータイヤと同様にスペアチューブを入れる

2.小さな穴であればパンク修理剤を注入CO2ボンベが確実だが携帯ポンプでもビートが上がる。携帯ポンプは小型タイプの流行もあり、1ストロークで送り出せる空気量は減少傾向です。100%確実に携帯ポンプでチューブレスタイヤのビードが上がる保証はできないため、CO2カートリッジ携行が確実だと思います。

一般ユーザーでもリカバリー対応がイージーになりました。逆にクリンチャータイヤのチューブ交換でビキナーが陥りやすいミス1.交換の際にチューブを噛んで新品のチューブが再びパンク 2.タイヤに異物が刺さったままチューブを交換してしまい再びパンク、はチューブレスタイヤで「2」の対応策なら起こらなくなります。

走行抵抗が少なく、抜群の振動吸収性、グリップが高いだけでなくグリップ感もつかみやすいチューブレスタイヤをより多くのお客様に味わって頂ければと思っております。

竹の塚店 井田

 

 

IRCアスピーテPRO

IRCアスピーテPRO

IRCアスピーテPRO 700×24Cクリンチャータイヤ

重量:205g   適正空気圧:700~900PSI/7.0~9.0kPa

made in Japan 精度が高く信頼の日本国内工場製です。

グリップ、軽い走行感、耐パンク性、優れた耐久性をバランス良くまとめた次世代IRCロードバイク用タイヤのイチオシアイテムです。

発売から暫く経過しましたがノーパンクで5000km走ったお客様もいらっしゃいます。体重、空気圧、走り方でタイヤの寿命は変わりますので一概には言えませんが4000km以上は優に持つのではないでしょうか。

ロングライフと耐パンク性で指名買いが多い某社タイヤの強力なライバルになると思います。

メーカー希望小売価格

税抜き:6,200円

税込み:6,696円

販売価格は店頭にてご確認ください。

竹の塚店 井田

IRCフォーミュラプロチューブレスRBCC

画像はIRCフォーミュラプロチューブレス旧モデル。下は現行品のNEWモデルです。

IRCフォーミュラプロチューブレス

改めてチューブレスタイヤについて書いておこうかと思います。

2007年にIRCから発売されたチューブレスタイヤを試乗したときに感じたこと

MAVICキシリウムを最初に使ってみた時と同じ、エポックメイキングな製品のときに感じる「次元が違う!」「目から鱗が落ちました」とIRCチューブレスタイヤからも衝撃を受けました。

抜群の振動吸収性(乗り心地が良いとされているクリンチャータイヤとは次元が違う)画像のような石畳での振動の角が丸くなり、振動の大きさそのものも小さく感じます。まるで魔法のじゅうたん!

抜群のグリップ、そしてコーナリング中や浮き砂利又は荒れた路面での安定感と安心感があり、路面状況を把握しやすい。チューブレス構造だけでなくRBCCコンパウンドによるところも大きいと思われます。

低圧(85PSI程度)でも走行感は重くなく、更に振動吸収性が良くなる。

モチッとした感触でも転がり感は良く重さ(重量ではなく走行抵抗)を感じない。

最初期型は早くひび割れが発生してしまうのが唯一の短所でしたが、改良が重ねられ、チューブレスタイヤの長所である次元の違う振動吸収性と安心感はそのままに、更なる発展を遂げています。

改めてチューブレスタイヤの良さを一人でも多くの方に感じていただけたらと思います。

取扱いが難しいのでは?出先でパンクしたら?

ご来店の上、ご相談ください。ご説明いたします。

2016年10月15日追記

IRCチューブレスタイヤ・レイノルズ製造チューブレスレディホイール使用注意のお知らせ(pdf)

竹の塚店 井田

ksyrium 125標準装備のタイヤとして新たにデビューを果たした、2015 MAVICイクシオンプロ・グリップリンク&パワーリンク700Cクリンチャータイヤが入荷しました。

2015MAVICイクシオンプロクリンチャータイヤ

初回入荷の今回は23Cのみですが、25Cも生産が上がり次第、入荷予定です。タイヤメーカーとしてはマイナーなMAVICですが、グリップ、クッション性、装着の容易さなど、トータルバランスの良いタイヤです。

タイヤの付け外しが容易=走行中の出先でのパンク、チューブ交換の作業も楽になるということでもあり、大きなメリットだと思います。

2015年モデルはOEM先が変更になり○UTCHINS○N 社の製造になります。そして、前輪用のYksion Proグリップリンクは

フロントホイール回転方向

フロントホイール回転方向

トレッドパターンがこの画像の向きになるようにセットします。

メーカー希望小売価格(1本)

税抜き:7,000円

税込み:7,560円

 

SOYO LATEX TUBE

ソーヨー700×23~25Cラテックスチューブ

バルブ長:42mmフレンチバルブ、厚さ:0.4mm、重量:48g、バルブコア付け外しが出来ます。

とても上質な乗り心地、別物のタイヤ?と驚くほどクッション性や乗り心地が変わる、隠れたこだわりのアイテムです。弾力性や伸縮性に優れているため、走行感の向上だけではなく、パンクもしにくくなります。

ラテックスチューブは空気の抜けが早いので、乗車毎に空気を入れてください。また、カーボンクリンチャーホイールへの装着はお勧めしません。ハードなブレーキングによる高熱に対してはブチルチューブよりも弱いためです。

メーカー希望小売価格

税抜き:2,500円

税込み:2,700円

PAGE TOP