カテゴリー「 ホイール 」の記事

28件の投稿

MAVICキシリウムエリートUSTチューブレスホイールの試乗貸出サービス始めました。※画像はイメージです。

話題のMAVICチューブレス、実際のところどうなのよ?是非お試しください。

空気圧は一般的なクリンチャータイヤよりも低めをお勧めします。体重や乗り味のお好みにもよりますが5~6Barを推奨します。

試乗をご希望のお客様は身分証明書(免許証、健康保険証等)をお預かりさせて頂きます。予めご了承ください。

愛用のロードバイクでお越しください。試乗用MAVICキシリウムエリートUSTホイールと入れ替え致します。乗り慣れたお客様ご自身のバイクでホイールの違い、チューブレスタイヤの違いを存分に感じ取って頂ければと思います。

1回の貸し出し試乗時間は5時間までとさせて頂きます。グループでの試乗時間の延長等はご相談承ります。当店から荒サイ等に繰り出してください。

走行中万一のパンクはお客様ご自身で対応願います。シーラント入りのチューブレスはパンクリスクは非常に少ないですが、エアーが抜けきるようなパンクの場合は、スペアチューブを入れる等ご自身でご対応願います。※チューブレスバルブは忘れずに当店までお持ちください。

シマノ対応フリーボディのみになります。カンパ不可。カセットスプロケットはお客様の物を取り付けします。カセットスプロケットの交換工賃のみ頂戴させて頂きます。当店にてMAVIC USTホイールご購入又はご予約のお客様には割引制度あり。

試乗期間内の保険等の用意はしておりません。お客様ご自身で対応願います。

ホイールに部品交換が必要な破損が発生した場合、実費をご請求させて頂く場合がございます。最大MAVICケアプログラム補償範囲内まで。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。※パンクは除外します。振れ取りは部品交換が必要ないので除外です。

試乗のご予約及びお問合せは下記お問合せフォーム又は店頭、お電話で承ります。予約先着順となります。営業時間10:00~19:30定休日の水曜日を除く営業時間内の貸し出し試乗になります。※お問合せフォームからのご予約は24時間以内の希望日時は受付できません。

竹の塚店 井田

MAVICキシリウムPROUST

新設計のハブ(フロントハブはフランジ幅が広がり、リアハブは40ノッチのインスタントドライブ360)とチューブレスシステムに生まれ変わったMAVIC Ksyrium PRO USTチューブレスホイール入荷しました。

Blogアップ遅くない?・・・初回入荷分に小さな引っ掻き傷があり、返品交換後の再入荷になります。

サイクリングロードでの走行がメイン、平地の常用速度30km/h以下、平地のロングライドメインの方にはスチールスポークのキシリウムエリートUSTをお勧めします。チューブレスタイヤの振動吸収性の良さ、乗り心地の良さを生かしながらも加速の反応の良さや登坂性能、ホイールの剛性感、より軽量化を求めるならキシリウムPRO USTがお勧めです。

リムハイト F:24mm、R:26mm(リア非対称) 内幅17mm

スポーク ジラクル(アルミ製)F:18Hラジアル組、R:20Hイソパルス組(フリー側ラジアル)

体重制限:自転車重量を含め120kg以下(15cm以上のジャンプが無いオフロード走行まで)

推奨タイヤサイズ:25~32C 上限空気圧7Br(101.5PSI)

ホイール重量 F:605g、R:815g、Pair:1420g

リアハブ インスタントドライブ360

タイヤ重量:260g イクシオンプロUST700×25Cタイヤ付属

シーラント120ml付属(1回30ml指定なので4回分)

メーカー希望小売価格

税抜き:130,000円

税込み:140,400円

当店取扱いのMAVICホイールはアメアスポーツ正規品です。保証期間延長のMAVIC Careプログラムに登録頂けます。

竹の塚店 井田

MAVIC Ksyrium Eliteチューブレス

MAVIC Ksyrium Elite USTチューブレスホイール入荷しました。

ハブは2017年以前のモデルのアルマイトレッドから塗装の赤に変更。スチールスポーク・イソパルス(フリー側ラジアル組)のニップルはシルバーに。見た目は同じISM4Dリムがチューブレス対応に新設計され、前後同一のイクシオンプロUSTチューブレスタイヤが付属。タイヤの取付方向の指定は前後で逆向きになります。上限空気圧7Br(101.5PSI)の指定です。空気圧が低いと思われるかもしれませんが、チューブレスタイヤは低圧でも走行抵抗はクリンチャー比で低いのです。低圧の使用でチューブレスならではの走行感覚を体感して頂ければと思います。

リムハイト F:24mm、R:26mm(リア非対称) 内幅17mm

スポーク F:18Hラジアル組、R:20Hイソパルス組(フリー側ラジアル)

体重制限:自転車重量を含め120kg以下(15cm以上のジャンプが無いオフロード走行まで)

推奨タイヤサイズ:25~32C 上限空気圧7Br(101.5PSI)

ホイール重量 F:650g、R:840g、Pair:1490g

タイヤ重量:260g

シーラント120ml付属(1回30ml指定なので4回分)

11月1日追記:トータル60km程乗ったインプレ

トラクションがしっかりと掛かって漕ぎ出しが軽い!ホイール重量以上にスタートが軽く感じます。スチールスポークのエリートホイールとチューブレスタイヤの相乗効果でハンドルに伝わる振動も明らかに軽減されていて、振動吸収性も良いです。但し高圧6~7Barに上げると振動吸収性はスポイルされてしまう感じです。ウェット路面を含めたグリップも良く、コーナーでの安心感はバツグン。チューブラーよりクリンチャーが真円度が高く転がり抵抗が少ないというデータがありますが、MAVIC USTチューブレスは更に真円度が高くスムーズに転がる感覚です。ベアリングの回転がとか、重量とは別のところでコギが軽く、ペダリングを止めた時の減速感も少ないです。タイヤはIRCチューブレスとはまた性格が違う印象。常用速度が比較的高くはないロングライドにはキシリウムエリートUSTは最適かも。個人的にもこの走行感は気に入りました。空気圧は5Barが好みでした。レーシングライド的な乗り方=ダンシングで全開加速では5Barでは少々タイヤのヨレを感じます。ガチ乗りやレースでは6~7Barに空気圧を上げると良いのではないでしょうか。

11月12日追記

ご購入頂いた事例:スプロケット入れ替え、シーラント注入(シーラントは納品直前に入れ、直後にある程度の走行=ホイールを回すことが必要です)、変速調整のセットアップ、リム幅が変わる場合もあるのでブレーキ調整と点検を行い、空気圧は5Barにセット、完成車付属のホイールと交換後のお客様の第一声「軽っ!!」ホイール前後で800gの軽量化とチューブレスタイヤの軽快な走行感覚でお客様にご満足頂けるグレードアップになりました。

メーカー希望小売価格

税抜き:85,000円

税込み:91,800円

当店取扱いのMAVICホイールはアメアスポーツ正規品です。保証期間延長のMAVIC Careプログラムに登録頂けます。

竹の塚店 井田

MAVIC2018USTチューブレス展示会

6月21日(水)例年より早くMAVIC2018新製品展示会&セミナーが催されました。

各メディアでも既に発表されているように

サイクルスポーツ.jp マヴィックが「USTシリーズ」発表 最高に使いやすいロードチューブレス

シクロワイアード マヴィックがロード用チューブレスシステムを発表テーマはEasy,Safe,Fast

満を持してロードバイク用チューブレスシステムを発表しました。チューブレスタイヤは次元の違う圧倒的な走行感がありながら、ユーザー自身でビードを上げにくいなど、その扱いにくさから普及には至っていませんでした。MAVICはホイール(リム)とタイヤをシステムとして開発し、今までにない使いやすさを実現しました。

それに伴いキシリウムElite以上のクラスのホイールタイヤシステムはUSTとして大幅に刷新されます。

1.リムの断面形状をチューブレスタイヤのビードが上がりやすいように再設計

2.ETRTO規格621.95mm公差-0.5より高精度な621.95mm公差-0.35のビード直径

3.タイヤのコンパウンドを50種類以上テスト&トライを重ね、チューブレスタイヤとして最適化した新設計。現行Yksion PROよりコンパウンドは柔らかい。タイヤはHUTINSONとの共同開発。

ホイールとタイヤをセットで開発する事により、扱いやすいチューブレス・システム=UST(Universal System Tubeless)として生み出されました。厳密には一般的なチューブレスレディの半分以下30mlのシーラントを使うチューブレスレディです。

会場では装着を実際に試す事が出来ましたが、シーラントや石鹸水無しでもフロアポンプで確実にビートが上がり、携帯ポンプでもビートが上げられるというイージーさ。今まではホイールメーカー、タイヤメーカーによって異っていたビード直径をビードを上げやすい寸法にセットで設計し精度を高めた事が効果を発揮していると思われます。上尾East店の詳しいレポートも参考にしてください。

1.タイヤは前後同一となり推奨空気圧は5~7Bar(内幅17mmリムの場合)25C及び28C2サイズの展開となり、23Cの設定はありません。

2.最小限のシーラント30mlの使用を推奨するチューブレスレディ。シーラント無しの場合だと空気の抜けが早い=おおよその目安としてラテックスチューブ位?でしょうか。

3.チューブレス化に伴いホイールのスポークテンションも新たに見直し

2018チューブレスホイールシステムはアルミリムモデルのキシリウムPRO UST、キシリウムElite USTの発売が先になる予定です。

出先で走行中にパンクしたら、扱いやすい対応策として(チューブレスはそもそもパンクリスクは少なく、万一パンクしても穴が小さく空気の抜けがゆっくりなスローパンクになる場合が多いです)

1.クリンチャータイヤと同様にスペアチューブを入れる

2.小さな穴であればパンク修理剤を注入CO2ボンベが確実だが携帯ポンプでもビートが上がる。携帯ポンプは小型タイプの流行もあり、1ストロークで送り出せる空気量は減少傾向です。100%確実に携帯ポンプでチューブレスタイヤのビードが上がる保証はできないため、CO2カートリッジ携行が確実だと思います。

一般ユーザーでもリカバリー対応がイージーになりました。逆にクリンチャータイヤのチューブ交換でビキナーが陥りやすいミス1.交換の際にチューブを噛んで新品のチューブが再びパンク 2.タイヤに異物が刺さったままチューブを交換してしまい再びパンク、はチューブレスタイヤで「2」の対応策なら起こらなくなります。

走行抵抗が少なく、抜群の振動吸収性、グリップが高いだけでなくグリップ感もつかみやすいチューブレスタイヤをより多くのお客様に味わって頂ければと思っております。

8月11日追記

キシリウムPRO UST、キシリウムElite UST入荷しました!!詳細は後程。

また、2017年モデルのお買い得価格は店頭にてお問い合わせください。

Global Cycling NetworkのMAVIC UST Tubeless取材動画です。画鋲や釘を踏むパンクテストやこんな開発テストをしていたんだ、と参考になる動画です。

MAVICチューブレスシステムとは直接関係はありませんが、動画の中でミツトヨの測定器が写っています。ETRTO規格を上回る精度はミツトヨで計測された模様です。

9月11日追記

キシリウムPROカーボンSL USTは発売延期になりました。今期の入荷はなくなってしまいました。コスミックPROカーボンSL USTは順調に生産が進んでいる模様です。

竹の塚店 井田

 

 

4月10日(月) ~5月26日(金)の期間限定で、MAVICキャンペーン対象ホイール1ペアをお買い上げのお客様に、お値段そのままでAKSIUM ELITE1ペア又はタイヤ4本YKSION PRO GRIPLINK C/ YKSION PRO POWERLINK C各2本をプレゼント!!とってもお得なキャンペーンです。

AKSIUM ELITE1ペアはメーカー希望小売価格:税抜き40,000円 税込み43,200円 ※4月27日追記:好評につきAKSIUM ELITEはアメアスポーツジャパン品切れ中のため、後日改めて5月中旬以降のお渡しになります。予めご了承下さいますようお願い致します。

YKSION PRO GRIPLINK&POWERLINKクリンチャータイヤは4本合計のメーカー希望小売価格:税抜き:30,000円 税込み:32,400円

ホイールならスペアとして、タイヤは減ったときの交換用として等、豪華なプレゼントが付いてきます。国内正規代理店のみのキャンペーンとなります。

キシリウムエリート以上のグレードのアルミホイールが対象なので、完成車付属のホイールと比較すれば数百グラムは軽量になります。ホイールの軽量化は加速と登りに効果絶大。振れが出にくく耐久性にも優れた信頼性のあるMAVICアルミホイールをこの機会に是非体感してください。

但し、、、軽ければそれで良い、軽ければ軽いほど良いという訳ではありません。加速と巡行性能、縦剛性や横剛性、耐久性、振れが出にくい、メンテナンス性などなど、様々なファクターのバランスと総合力が重要だと思います。

KSYRIUM PROをお買い上げ頂いたお客様の例では、完成車付属ホイールと比較してタイヤ、チューブ込で900gの軽量化になりました。軽さのみならず、精度の高い車輪が正しく丸く回っていることが実感できるとの感想を頂きました。

ホイールバランサーでの重量バランス計測値もMAVICアルミホイールは非常に優秀です。精度が高くバランスが取れている証明となっています。

体重のあるお客様の例では、某社の軽量ホイールは走る度に振れ取りが必要、MAVICは数年間振れ取りの必要なし!なんて事がざらにあります。フリーボディのオイルアップだけはまめにやっておくのがお勧めです。

キャンペーン期間:4月10日(月) ~5月26日(金)

対象ホイール:全5モデル(前後ペアでのご購入が対象)
KSYRIUM PRO EXALITH SL
KSYRIUM PRO EXALITH
KSYRIUM PRO SL
KSYRIUM PRO
KSYRIUM ELITE

竹の塚店の4月10日時点での在庫は

KSYRIUM PRO EXALITH SL(後輪欠品中入荷予定あり。4月14日追記:後輪入荷しました。)
KSYRIUM PRO EXALITH(取り寄せ)
KSYRIUM PRO SL(取り寄せ)
KSYRIUM PRO(在庫有り)
KSYRIUM ELITE(RED在庫有り)

全てシマノ対応フリーボディとなります。SLモデルはリム内幅15mmのナローリムで軽量化を求める方向き。その他のモデル(品番末尾SL無し)はリム内幅17mmのワイドリム、25Cタイヤ使用に最適化され転がり抵抗を低減。癖のないマイルドなフーリングでロングライドに最適。癖のなさはISM4D切削加工によるところもありそうです。

ざっくりと説明すると、

振動吸収性:KSYRIUM PRO EXALITH≦KSYRIUM PRO<KSYRIUM ELITE(タイヤ太さの違い:23C<25Cが加味されます。)

剛性、加速性:KSYRIUM ELITE<KSYRIUM PRO<KSYRIUM PRO EXALITH

スポークの素材や編み方等で乗り味は大きく変わってきます。MAVICのホイールはうんぬんと一般論では語り切れない違いがあります。詳しくはお尋ねください。

※フレームによってはクリアランス不足のため、25Cタイヤが付かない場合があります。

セオサイクル竹の塚店でお求め頂くキャンペーン対象ホイールは全て保証期間延長のMAVICケア・プログラムに登録頂けます。

ご不明な点ははお問合せください。

MAVIC Japan FacebookにてMAVICの歴史やアルミリムのテクロノジー、コンセプトが投稿されます。お楽しみに!

竹の塚店 井田

PAGE TOP