カテゴリー「 ホイール 」の記事

25件の投稿

MAVIC2018USTチューブレス展示会

6月21日(水)例年より早くMAVIC2018新製品展示会&セミナーが催されました。

各メディアでも既に発表されているように

サイクルスポーツ.jp マヴィックが「USTシリーズ」発表 最高に使いやすいロードチューブレス

シクロワイアード マヴィックがロード用チューブレスシステムを発表テーマはEasy,Safe,Fast

満を持してロードバイク用チューブレスシステムを発表しました。チューブレスタイヤは次元の違う圧倒的な走行感がありながら、ユーザー自身でビードを上げにくいなど、その扱いにくさから普及には至っていませんでした。MAVICはホイール(リム)とタイヤをシステムとして開発し、今までにない使いやすさを実現しました。

それに伴いキシリウムElite以上のクラスのホイールタイヤシステムはUSTとして大幅に刷新されます。

1.リムの断面形状をチューブレスタイヤのビードが上がりやすいように再設計

2.ETRTO規格621.95mm公差-0.5より高精度な621.95mm公差-0.35のビード直径

3.タイヤのコンパウンドを50種類以上テスト&トライを重ね、チューブレスタイヤとして最適化した新設計。現行Yksion PROよりコンパウンドは柔らかい。タイヤはHUTINSONとの共同開発。

ホイールとタイヤをセットで開発する事により、扱いやすいチューブレス・システム=UST(Universal System Tubeless)として生み出されました。厳密には一般的なチューブレスレディの半分以下30mlのシーラントを使うチューブレスレディです。

会場では装着を実際に試す事が出来ましたが、シーラントや石鹸水無しでもフロアポンプで確実にビートが上がり、携帯ポンプでもビートが上げられるというイージーさ。今まではホイールメーカー、タイヤメーカーによって異っていたビード直径をビードを上げやすい寸法にセットで設計し精度を高めた事が効果を発揮していると思われます。上尾East店の詳しいレポートも参考にしてください。

1.タイヤは前後同一となり推奨空気圧は5~7Bar(内幅17mmリムの場合)25C及び28C2サイズの展開となり、23Cの設定はありません。

2.最小限のシーラント30mlの使用を推奨するチューブレスレディ

3.チューブレス化に伴いホイールのスポークテンションも新たに見直し

2018チューブレスホイールシステムはアルミリムモデルのキシリウムPRO UST、キシリウムElite USTの発売が先になる予定です。カーボンリムモデルのホイールの発売はその後になる予定となっております。引き続きWTSホイールタイヤシステムの販売、USTタイヤにチューブ入りの状態でお店には入荷します。輸送時や長期保管時の安定性を考慮してチューブ入りの状態で出荷されるとの事です。チューブレス化ご希望のお客様には、納品時に付属のチューブレスバルブに交換して対応させて頂きます。30mlの少量とは言えシーラント入りのチューブレスレディなので、シーラント入れて空気を入れてビードを上げたのち、バイクに取り付けである程度の距離を乗り、シーラントをホイールの回転で満遍なく行き渡らせるのがベストです。直ぐに箱詰めでホイールを回転させない状態での保管ではシーラントが偏り、空気漏れも早くなってしまいます。さすがMAVIC、賢明な判断だと思います。

価格も現時点では決まっていません。より詳しく知りたい方はお問合せください。

6月27日追記:暫定価格が発表されました。お問合せ下さい。

2018NEWチューブレスホイールシステムのご予約も承っております。

出先で走行中にパンクしたら、扱いやすい対応策として(チューブレスはそもそもパンクリスクは少なく、万一パンクしても穴が小さく空気の抜けがゆっくりなスローパンクになる場合が多いです)

1.クリンチャータイヤと同様にスペアチューブを入れる

2.小さな穴であればパンク修理剤を注入CO2ボンベが確実だが携帯ポンプでもビートが上がる。携帯ポンプは小型タイプの流行もあり、1ストロークで送り出せる空気量は減少傾向です。100%確実に携帯ポンプでチューブレスタイヤのビードが上がる保証はできないため、CO2カートリッジ携行が確実だと思います。

一般ユーザーでもリカバリー対応がイージーになりました。逆にクリンチャータイヤのチューブ交換でビキナーが陥りやすいミス1.交換の際にチューブを噛んで新品のチューブが再びパンク 2.タイヤに異物が刺さったままチューブを交換してしまい再びパンク、はチューブレスタイヤで「2」の対応策なら起こらなくなります。

走行抵抗が少なく、抜群の振動吸収性、グリップが高いだけでなくグリップ感もつかみやすいチューブレスタイヤをより多くのお客様に味わって頂ければと思っております。

竹の塚店 井田

 

 

4月10日(月) ~5月26日(金)の期間限定で、MAVICキャンペーン対象ホイール1ペアをお買い上げのお客様に、お値段そのままでAKSIUM ELITE1ペア又はタイヤ4本YKSION PRO GRIPLINK C/ YKSION PRO POWERLINK C各2本をプレゼント!!とってもお得なキャンペーンです。

AKSIUM ELITE1ペアはメーカー希望小売価格:税抜き40,000円 税込み43,200円 ※4月27日追記:好評につきAKSIUM ELITEはアメアスポーツジャパン品切れ中のため、後日改めて5月中旬以降のお渡しになります。予めご了承下さいますようお願い致します。

YKSION PRO GRIPLINK&POWERLINKクリンチャータイヤは4本合計のメーカー希望小売価格:税抜き:30,000円 税込み:32,400円

ホイールならスペアとして、タイヤは減ったときの交換用として等、豪華なプレゼントが付いてきます。国内正規代理店のみのキャンペーンとなります。

キシリウムエリート以上のグレードのアルミホイールが対象なので、完成車付属のホイールと比較すれば数百グラムは軽量になります。ホイールの軽量化は加速と登りに効果絶大。振れが出にくく耐久性にも優れた信頼性のあるMAVICアルミホイールをこの機会に是非体感してください。

KSYRIUM PROをお買い上げ頂いたお客様の例では、完成車付属ホイールと比較してタイヤ、チューブ込で900gの軽量化になりました。軽さのみならず、精度の高い車輪が正しく丸く回っていることが実感できるとの感想を頂きました。

ホイールバランサーでの重量バランス計測値もMAVICアルミホイールは非常に優秀です。精度が高くバランスが取れている証明となっています。

体重のあるお客様の例では、某社の軽量ホイールは走る度に振れ取りが必要、MAVICは数年間振れ取りの必要なし!なんて事がざらにあります。フリーボディのオイルアップだけはまめにやっておくのがお勧めです。

キャンペーン期間:4月10日(月) ~5月26日(金)

対象ホイール:全5モデル(前後ペアでのご購入が対象)
KSYRIUM PRO EXALITH SL
KSYRIUM PRO EXALITH
KSYRIUM PRO SL
KSYRIUM PRO
KSYRIUM ELITE

竹の塚店の4月10日時点での在庫は

KSYRIUM PRO EXALITH SL(後輪欠品中入荷予定あり。4月14日追記:後輪入荷しました。)
KSYRIUM PRO EXALITH(取り寄せ)
KSYRIUM PRO SL(取り寄せ)
KSYRIUM PRO(在庫有り)
KSYRIUM ELITE(RED在庫有り)

全てシマノ対応フリーボディとなります。SLモデルはリム内幅15mmのナローリムで軽量化を求める方向き。その他のモデル(品番末尾SL無し)はリム内幅17mmのワイドリム、25Cタイヤ使用に最適化され転がり抵抗を低減。癖のないマイルドなフーリングでロングライドに最適。癖のなさはISM4D切削加工によるところもありそうです。

ざっくりと説明すると、

振動吸収性:KSYRIUM PRO EXALITH≦KSYRIUM PRO<KSYRIUM ELITE(タイヤ太さの違い:23C<25Cが加味されます。)

剛性、加速性:KSYRIUM ELITE<KSYRIUM PRO<KSYRIUM PRO EXALITH

スポークの素材や編み方等で乗り味は大きく変わってきます。MAVICのホイールはうんぬんと一般論では語り切れない違いがあります。詳しくはお尋ねください。

※フレームによってはクリアランス不足のため、25Cタイヤが付かない場合があります。

セオサイクル竹の塚店でお求め頂くキャンペーン対象ホイールは全て保証期間延長のMAVICケア・プログラムに登録頂けます。

ご不明な点ははお問合せください。

MAVIC Japan FacebookにてMAVICの歴史やアルミリムのテクロノジー、コンセプトが投稿されます。お楽しみに!

竹の塚店 井田

2015年度モデルの使用極小、程度良好の中古品MAVICコスミックカーボン40Cあります。

リムサイドのブレーキシューの削れも全くと言っていいほど無く、程度は非常に良好です。タイヤは新品の23CイクシオンPROをお付けします。ブレーキシューも純正新品をお付け致します。ホイールバックも付属しています。

1P限りのお買い得な価格はお問合せください。

古物商 東京都公安委員会認可 第306689700877号

竹の塚店 井田

マビックコスミックプロカーボン

MAVICコスミックPROカーボン・ホワイト

リムハイト45mm、リム外幅25mm、ペア重量:1650g、イクシオンPRO700×25Cタイヤ付属

アルミリムの使いやすさはそのままに25Cタイヤ用に新設計されたワイドリム、インスタントドライブ360ハブが奢られた2017年度のNEWモデル。現時点では40ノッチのインスタントドライブ360ハブがインストールされているMAVICホイールでは最もお手頃価格のモデルとなります。ステンスポーク・イソパルス組は振動吸収性も良く、平坦路のロングライドにはお勧めのホイールです。

MAVICホイールタイヤシステム及びヘルメット(2016年度以降の新ロゴモデルが対象)ご購入のユーザーはMAVICケアサービスに登録して頂くと、

1.保証期間を3年に延長

2.2年間有効のクラッシュリプレイスメントプログラムが適用されます。

アメアスポーツジャパン経由の正規輸入品が対象となります。セオサイクル竹の塚店で販売するMAVIC製品は全てアメアスポーツジャパン取扱いの正規輸入品です。シリアルナンバーを入力するので補修部品の手配もスムースになります。

メーカー希望小売価格

税抜き:175,000円

税込み:189,000円

販売価格は店頭にてご確認ください。

竹の塚店 井田

MAVICキシリウムプロカーボンSL Cクリンチャーホイールが入荷しました!

フルカーボンリムに設計変更され発売が遅れておりましたが、ついに入荷しました。徹底したブレーキ対策&熱対策を施されて新登場です!!

特許技術のiTgMAXの詳細はcyclesports.jpでご確認ください。

重量:1390g(Pair)、F18H、R24H、新採用の40ノッチ・インスタントドライブ360ハブ、ステンレススポークによるフリー側ラジアル組(イソパルス)、リムハイト25mm、ワイドリム&イクシオンプロ700×25Cタイヤ付属、カーボンリム用ブレーキシュー付属、ホイールバッグは付属しません。

USE 25-32 Inner Tube only(ラテックスチューブ使用不可)

MAX 8Bar(117PSI)

注意:カーボンクリンチャーホイールは必ずホイールの適正空気圧(上限空気圧)をお守りください。MAVICのカーボンホイールではありませんが、振れ取りでリムが膨れてしまっているケースを多く見受けます。タイヤの上限空気圧が9Barだとしても必ず8Bar以下の空気圧でご使用ください。

メーカー希望小売価格

税抜き:280,000円

税込み:302,400円

カーボンリム&ステンスポークの組み合わせは振動吸収性も良さそう。軽量ローハイトリムはロングライドにマッチしそうです。個人的にとても使ってみたいホイールです。

2016年10月29日追記

セオサイクル社内試乗会にて試乗してきました。

加速も良くブレーキもよく効き、乗り心地も良いのですがヨレは感じず鈍さはありません。尖がった性格のホイールではなく、全てにおいて高次元にバランスが取れているホイールです。レースからロングライドまで使えるでしょう。

イソパルス組(後輪フリー側ラジアル組)には伸びのないアルミスポークが必須と思っていましたが、後輪を24Hにする事により、ステンレススポークでも捩れやたわみを抑え、振動吸収性を備えたバランスの良さが持ち味のホイールになりました。

カーボンスポークのR-SYS、アルミスポークのKsyrium系統のライディングフィールとは異なり、ステンスポークのKsyriumエリートの上位互換的な印象を受けました。

ペダリングを止めたとき今までのMAVICホイールとはフリーの音が全く違うので驚きましたが、これは慣れの問題。正直とても気に入りました。

2017年1月16日追記

MAVICホイールタイヤシステム及びヘルメットご購入のユーザーはMAVICケアサービスに登録して頂くと、

1.保証期間を3年に延長

2.2年間有効のクラッシリプレイスメントプログラムが適用されます。

アメアスポーツジャパン経由の正規輸入品が対象となります。シリアルナンバーを入力するので補修部品の手配もスムースになります。

井田

 

PAGE TOP