某重力計測式ホイールバランサー施工済みのCampagnolo BORA ONE35チューブラーリアホイールの施工例です。

グラフ縦軸の振れ幅はゲインによって変わりますが、この個体の場合は4.6gのウェイトでバランスが取れました。BORA ONEは1g台のウェイトでバランスが取れる個体もあります。

BORAは35も50でもカーボンホイールの中では重量バランスが良く、貼るウェイトは少ない重量で済みます。ULTRAはベアリングの違いなので重量バランス的には変わらずです。走りの良さからも感じられるように、重量バランス的観点から見ても優秀なホイールです。カーボンホイールは10g以上、中には20g以上のウェイトでようやくバランスが取れるホイールが多くあります。また、その重さのウェイトを2か所3か所に分けて付けないとダイナミックバランスが取れないカーボンホイールもあります。

画像中央「BORA ONE35素のバランス」と書きましたが、バルブキャップやバルブエクステンダー、ホイールマグネット、タイヤ、クリンチャーの場合はチューブ等諸条件でウェイトバランスは変動します。

但し重いウェイトでバランスを取ったホイールほど、その効果を体感しやすいとも言えますが。

ホイールバランサーで重量バランスのチューニングを追い込む事により、安定感やスピードの伸びが更に増します。

・集団の後ろでペダリングを止めると、ブレーキを掛けないと前走者に吸い寄せられる。

・ペダリングを止めた時の減速感が少ない。

・バイクの安定感が増しコントロールしやすくなる。路面に吸い付くような感覚。

・加速や高速巡行がスムーズ。

「伸びる」「伸びが良くなる」とその効果を表現されるお客様が多いです。

シリアスなライダーならその効果を実感できるはずです。

竹の塚店 井田