ご自分で整備や組立をされるお客様で、意外に多く見受けられる状況ですが、、、

リアディレーラーにチェーンを通す際、正しく組み付けられていないケースが多く見受けられます。

しかも、この箇所の修理依頼ではなく、他のご依頼でお越しになり変速調整やチェックをすると、店側で見つけている場合がほとんどです。異音が発生しますし抵抗も大きいので「何かおかしい」と気付いて頂きたいところではあります。

シマノのリアディレーラー・マニュアルには、

「リアディレーラープレート組にはチェーンの脱線を防止するピン又は板(画像赤丸の箇所)が付いています。リアディレーラーにチェーンを通すときは、図のように脱線防止板よりリアディレラー本体側に通してください。正しい位置に通さないとチェーンやリアディレーラーが破損する恐れがあります。」

と、書かれています。ちなみにチェーンのマニュアルには、この注意事項の記載はありません。リアディレーラーのマニュアルに注意書きがあります。

確かに整備組立のご依頼は工賃が発生します。部品本来の性能を十分に発揮させ、調子良くお使い頂く為に、お金を頂く価値がある作業となるよう心掛けております。

竹の塚店 井田