2017 年 12 月 10 日

1件の投稿

従来の横方向からのみに反射するホイールリフレクターに、後方からの光にも反射するウィングが付いたアイデア商品。夜間自動車からの視認性が高く、安全性が高まります。

既存の製品とは異なる寸法なので、お求め、お取り付け前の注意事項があります。

外装変速機付きの自転車の後輪に取り付ける際には、反フリー側(ギヤやチェーンと反対側のスポーク)に取り付ける必要があります。黄色の反射材のあるウィングが左右で長さが異なります。ケースバイケースで取り付けの向きを確認する必要があります。

クリアランス不足で一部取り付けができない車種があります。当店で確認した範囲では

1.ブリヂストンbikkeシリーズ20インチ前輪(左右どちらでもライト又はフロントリフレクター、フロントフォークと干渉)、Panasonicギュットミニ前輪(理由は同じ)

2.ロードバイク、クロスバイクの一部の車種(後輪はフリー側のスポークに取り付けるとローギヤでディレーラー又はチェーンと干渉します。反フリー側ではチェーンステーと干渉する場合があります。)前輪の場合はフロントフォークとスポーク間のクリアランス不足で取り付け出来ない場合があります。

3.その他小径車等でもクリアランス不足で取り付け出来ない自転車があります。

夜間の視認性が高く安全性に優れた製品ですが、どんな自転車でも取り付けできる訳ではありません。また、取り付けの際にコツと多少のノウハウが必要になります。当店ではセッティング用サンプルをご用意致しております。お取り付けを希望する自転車でご来店ください。サンプルで取り付け可能かどうか確認の上で販売致しております。

竹の塚店 井田

PAGE TOP