FELT F5のFSAクランクのBB30から異音が発生したのでメンテナンスを施しました。

BB30の異音

この場合はクランク及びBBを一旦完全に分解し、グリスアップして再組み付けすることで異音を解消しました。

作業中の画像は・・・他の作業も立て込んでいたので、撮り忘れてしまいました・・・。

グリスはシマノとワコーズ・シリコングリスを場所に応じて使い分けます。

圧入されているベアリング自体の寿命による音鳴りや、フレームのベアリング圧入部が”甘く”なって異音が発生する場合もあり、その場合はグリスアップ及び再セットアップだけでは治らないケースもあります。フレームに圧入されているベアリングが脱着工具を使わずに手で簡単に外れてしまう場合も・・・。このようなケースでも対応は可能です。お気軽にご相談ください。

BB30の異音は自転車をお預かりした上での修理対応となります。原因はお預かりし分解した後に判断してお伝え致します。

今日の出来事です。

年配の足腰も難儀なおばあさんの自転車が竹ノ塚駅前でバースト!パンクではなくバーストなので、タイヤとチューブはリム(ホイール)から外れてしまい、車輪が回らなくなってしまうので自転車を押して来る事も出来ません。

途方に暮れたおばあさんを通りがかりの男性(40代くらいでしょうか。間違っていたらごめんなさい)が見るに見かねて、そのおばあさんの自転車を持ち上げて当店へお持ちになりました。

これで話は終わりません。その男性はバーストした自転車を当店に預けると、もう一度駅前のおばあさんの元へ。

15分程経ったでしょうか。男性はおばあさんの手を引いてご一緒に当店にお見えになりました。杖を持ち、歩くのも難儀なおばあさんの手を引いて・・・。

タイヤサイド及びチューブ共に裂けてしまっていたので、タイヤ交換で修理は完了しました。

おばあさんはその男性に大変感謝していました。私にとっても心温まる嬉しい出来事でした。

その親切な男性は当店をご利用頂いているお客様でした。本当にありがとうございました。

 

 

PBヘックスレンチ(アーレンキー)

PBヘックスレンチ

スタンダードサイズボールポイント1,5~8mm、使用頻度の高い5mm、ロング1,5~8mm

4mmSTDボールポイントは失くしてしまい、4mm、6mmロングは折れて寿命を迎えてしまいました。

材質が固く角の摩耗や使っているうちに丸まってきたりが少なく、永く愛用できるスイスメイドのPBは六角レンチの代名詞とも言える良い工具だと思います。価格が少々お高いのが難点ではありますが・・・。

無名ブランドのアーレンキーを使って”あっ!ナメそう”というダメージのあるボルトの作業時でも、PBやWeraは問題なくネジを回せる場合も多くあります。六角ボルトに工具を入れたときの安定感やしっかり感と、掛けたトルクのわかりやすさ=力を掛けた分だけしっかりボルトに伝わっている感覚が、流石PBだと感心させられます。

特に3mm以下の小さいサイズでダメージのあるヘックスボルトを相手にした場合は、材質が固くエッジのしっかりとしたPBの独壇場だと思います。

ただの鉄の棒(クロームバナジウム鋼です)なのに、モノによってこんなにも違うんだという見本になる工具です。

サンプレックスSLJ5500Tリアディレーラー後期型

サンプレックスSLJ5500TリアディレーラーサンプレックスSLJ5500Tリアディレーラープーリー

80年代サンプレックス・リアディレーラーのフラッグシップモデルSLJ5500T。シルバープレート、プーリーのプレートにデルリン製ガイドが付くTモデル。

デルリン樹脂のプーリーには、まるでプラモデルをニッパーで切ったときと全く同じバリがそのまま残っています。

エンジニアリングプラスチック類に分類されるデルリンアセタール樹脂は耐水性が高く、摩擦係数が低い、溶媒等化学物質への耐性も高い、耐熱性も高い、衝撃や疲労強度も強く機械的強度が高い、等優れた物性がその特徴です。

しかし、強い酸性には弱く、耐候性は高くありません。ある種のケミカルでダメージを受けてしまいます。また、サンプレックスが現役時代にはこのようなトラブルはありませんでしたが、ビンテージとして長期使用及び保管となると耐候性がネックとなり、デルリン部の劣化、割れてしまう等が発生するようです。

デルリンに限らずとも、樹脂はプラスチックと比較して耐候性はずっと高いとは言え、長期間での劣化は避けられません。

耐溶媒性、耐水性の高い素材ですが、潤滑成分以外の添加物の多いオイルの使用には注意が必要です。また、出来る限り直射日光の当たらない場所に保管すると良いです。

新品未使用非売品。

セライタリアフライトSTDサドル

セライタリアフライトサドル

チタンレール、重量:220g、145×275mm。セライタリアの提唱するIdmatchではL1=坐骨幅広め、骨盤の前傾浅めにラインナップされるスタンダードフライト。パットは薄く固め、座面はフラットに近いタイプのサドルです。平らで幅広のサドル後方でしっかりとライダーの加重を受けて前方には圧迫や負荷がかかりにくい印象があります。穴あきサドル的・・とも言えそうな使用感。座面がフラットなので、状況に合わせて前後に加重移動する人にはお勧めです。

メーカー希望小売価格:¥13,545_税込

PAGE TOP