Snap-onコンビネーションレンチ( 片目片口スパナ)8mm~10mm、13mm~14mm

スナップオンコンビネーションレンチ

世界最高峰のハンドツールSnap-onのコンビネーションレンチ。使用頻度の高い10mmショートOEXM10Bは表面のメッキがかなり摩耗しています。9mmのOEXM9と10mmロングOEXM100、14mmのOEXM140の3本は旧ロゴ。13mmは元々旧ロゴのスパナを使っていましたが、長年の過酷な使用によってメガネレンチ側にクラック(ひび割れ)が入って交換済み。これが2本目になります。ちなみにメガネレンチ部の肉厚は新ロゴになって僅かに厚くなっています。

クラックが入るまでおおよそ5~6万回以上は使った工具なので、引退交換も仕方ないと思います。10mm以下のサイズは締付トルクを然程掛けないので、工具にクラックが入るような事はありません。13mm以上のサイズは締付トルクも強く、また錆びて回らないボルトナットを強引に外さないとならない場合もあります。

アーレンキー、トルクス、ドライバー等一部の工具を除けば、ほとんどの人が世界最高峰と認めるであろうスナップオンハンドツール。このコンビネーションレンチの精度と使いやすさ、耐久性はホント素晴らしいです。中には25年以上使っている工具もありますが、正規品は無期限保証というのも頷けるクオリティ。

工具の先端まで自分の神経が行き渡っているかのような感覚で使っています。こうなるとネジをナメたり等のイレギュラーなトラブルを未然に予防もできます。対象となるネジの精度や状態も感覚として捕える事ができます。

稀に「お!スナップオン使ってるの?」とか「これ旧ロゴのスナップオンだ!」とご存じのお客様がいると嬉しいものです。お世辞にもきれいとは言えない工具箱に無造作に放り込まれていますから、気付いて頂けなくてもあたりまえ・・・ですよね。

工具だけが世界最高でもお店としては仕方がありませんから、勉強と努力の日々・・・です。当店で組立整備、修理した自転車に乗って「何か」を感じ取って頂けたなら幸いです。

尚、セオサイクル竹の塚店では、工具の貸出は一切致しておりません。悪しからずご了承ください。

サカモトテクノ26モンタナカフェオート

サカモトテクノ26モンタナカフェオートサカモトテクノ26モンタナカフェオート

26インチ、砲弾型LEDオートライト、音鳴りしないシマノ製ローラーブレーキ、カートリッジBB、流行の籐風バスケット

コーラルピンク、ストーングレー、マットブラック、オパールグリーン、今なら全色揃って展示中です。

フレームサイズの小さい低床フレーム(390mm)なので一般的な26インチよりもサドルが低く、身長の低い方でも乗車可能です。適正身長:145cm~

販売価格は店頭にてご確認ください。

チェーンに注油を怠ったまま、油膜切れで自転車を乗り続けると・・・

摩耗したチェンリング

このように元々台形のチェンリングの歯先が摩耗して三角形になるまで削れてしまいます。こうなってからでは、注油してもキシミ音が発生しやすく快適にお乗り頂くことができません。

新品チェンリング

こちらは新品のチェーンリングの歯先。変速性能を良くするために一つずつ歯先のカッティングが異なり微妙に形状が違いますが、摩耗した最初の画像との違いがお分かり頂けますでしょうか?

チェーンの注油を適切に行っていれば、フロント・チェンリングは早々摩耗するものではありません。注油により寿命を大幅に伸ばして長持ちさせることができます。

自転車は注油しなくともとりあえず走れてしまいますが、チェンリング、チェーン、スプロケットの摩耗を著しく早め寿命を縮めてしまいます。

チェンリングの摩耗はスポーツバイクではギヤを切り替えたときやペダルを逆転したときにチェーンが外れてしまう原因にもなります。

セオサイクル竹の塚店ではフィニッシュライン、ホワイトライトニング、ワコーズ等各種ケミカル類を販売しております。

CATEYE CC-RD310W STRADA SLIM アナログワイヤレス・サイクルコンピュータ

CATEYE CC-RD310W STRADA SLIM

フロントフォークの内側に装着する新型インサイドセンサー。CC-RD300W比で液晶画面の大きさ23%アップで視認性が良くなりました。表示文字も大きく、とても見やすいです。また、本体の厚みが35%ダウンとなり、インサイドセンサーと合わせてシンプル&スッキリと自転車にカッコ良く取り付けできます。現物は驚異的な薄さ!

キャットアイCC-RD310WストラーダスリムセンサーキャットアイCC-RD310Wストラーダスリム本体

ストラーダシリーズでお馴染みのコンピュータ表面が「モードボタン」になるクリックテック方式。ボタンを押す動作よりも操作性が向上し、とても使いやすいです。従来とはセンサーが異なる為、フロントフォークとスポークの間隔が広い(12,17mm以上)と取り付けできない場合があります。また、センサーと本体間の距離は60cm以内が推奨されています。詳細はキャットアイCC-RD310Wストラーダスリムメーカーサイトでご確認ください。

数字で示されると心配になるかもしれませんが、ほぼ全てのロードバイク及びクロスバイク(サスペンションフォーク装着車を除く)に取り付け可能です。但しポン付けでは正常に動作しない場合もあり、取り付けにノウハウが必要になるケースもあります。

使用電池 本体:CR1616×1、センサー:CR2032×1

メーカー希望小売価格:¥6,825_(税込)

3T Ergonova Team ドロップハンドルバー

クランプ径:31,8mm、リーチ:77mm、ドロップ:123mmの浅目のカーボン・ドロップバー。重量:198g

3T Ergonova Team 3T Ergonova Team

画像では判りにくいのですが、ドロップ部はハの字に末広がりになっています。下ハンを握る位置はかなり手前に来るので、小柄な方や体の固い方にはお勧めです。私も愛用していますが、下ハンを持っても他のハンドルバーと比較して姿勢がきつくならないので、下ハンを持つ時間が増えました。

剛性が高すぎず、適度な柔らかさがあるので、ロングライド志向の方にもお勧めです。

展示品は400mm幅、この表示寸法はドロップ最下部の寸法になります。ブラケット取付部の幅は約380mmになっています。

メーカー希望小売価格¥33,600_(税込)

PAGE TOP