タグ「 DARE 」の記事

4件の投稿

DARE MR1s試乗車

試乗期間終了しました。多くのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。

本日より2月末頃までの予定で、2017年度モデルでブラッシュアップされたDERE MR1Sの試乗車を展示いたします。※2月20日追記:好評につき代理店アキコーポレーションさんにお願いして、試乗車借用期間が3月23日(木)まで延長になりました。この機会に是非お立ち寄りください。

試乗車はフレームサイズ480mm、トップチューブ長510mm、シマノ5800シリーズ105仕様になります。

試乗をご希望のお客様は身分証明書(免許証、健康保険証等)をお預かりさせて頂きます。予めご了承ください。

ホイールはシマノRS-11が付いていますが、ペダル及びホイールはご要望があれば、お客様ご自身の使い慣れたフィーリングを把握しているものにお取替え致します。お気軽に申し付けてください。

シートステーを延長するようにトップチューブサドル側が2股になっているのがNEWモデルの特徴。チェーンウォッチャーも直付けされています。

DARE Japan Facebookでも早速紹介されています。アキコーポレーションさん仕事早っ!

軽量でバランスの良いフレームスケルトン(マイナーチェンジで若干スケルトンも変更されています。操縦性に関わるヘッドアングルやフォークオフセットの変更はありませんが、ヘッドチューブが若干短くなりハンドルを下げられるようになりました。)、振動吸収性に優れ乗り心地が良くロングライドやヒルクライムにお勧めのフレームです。東レ・トレカT700、T800、T1000ミックス積層でフレーム単体830gフロントホーク320g合計1,150g完成車重量はペダルレスで7.7kg、DURA-ACE又はアルテグラと軽量ホイールで組めば余裕で6kg台で組めるフレームです。是非この機会にDAREの乗り味をご堪能ください。

個人的インプレッション

旧MR1も乗り心地は良かったのですが、リアバックの振動吸収性は前モデルよりワンランク上がっています。フレームスケルトンはツーリングバイク的ではなくピュアレーサー的なスケルトンを保ちつつ、設計とカーボンのノウハウと使いこなしで振動吸収性を上げ、フィーリングの良いバイクに仕上がっています。ガチガチの高剛性でない乗り心地の良いバイクだけど、まったりゆったりでもありません。この優等生的なフィーリングは多くのライダーに好まれるバランスの良い乗り味だと思います。

ロングライドやヒルクライムに特にお勧めできるバイクですが、ロードレースにも充分に対応できるフレームです(バリバリのパワーライダーは除く)。登り下りコーナリングも全てのシチュエーションで気になるような癖もありません。OEM生産で培ったノウハウは伊達ではありませんでした。

付属の直付けチェーンウォッチャーやアウターリードなど、各部の工作も細かいところまで気配りが行き届いていて工作精度も高く、しっかりと作り込まれています。

5月2日追記

DAREとアキコーポレーションとの輸入代理店契約が4月末日をもって終了しました。現時点で新しい代理店は決まっておりません。マイナーなブランドですが良いフレームなので、早く輸入代理店が決まる事を願っています。

竹の塚店 井田

DARE MR1

DARE MR1

DARE MR1フレームサイズ510mm トップチューブ水平換算530mm

BB~サドルトップ674mm →2016年8月に685mmに上げました サドル後退40mm ライディングポジションに関わる寸法はメインのロードバイクと合わせています(サドル~ハンドル距離、地面~ハンドル、ブラケット高さ)

シマノULTEGRA6870Di2コンポーネント チェーンホイール170mm 50×34T スプロケット12~25T11S 外装バッテリー SM-EWW01ワイヤレスユニット チェーンCN-HG900-11

ホイール:MAVICコスミックカーボン40T、PanaracerバルブエクステンダーVE-20使用、後タイヤはVittoria Corsa-CXチューブラー(純正タイヤがパンクしたので交換)、ホイールバランサーで調整済み。MAVICキシリウムSLクリンチャーも使用中です。

ペダル:MAVICゼリウムSL

ハンドル:3Tエルゴノバチーム

BB:スギノSHPF-IDS24セラミック プレスフィットBB86用

ハンドリングはニュートラルでクセがありません。低速でのUターンなど一定角以上にステアリングを切ると、不意に切れ込むような不自然な挙動もありません。ヘッドアングル、フォークオフセット、トレール等のスケルトンで推測できます(DAREではホイールベース、ヘッドアングルのみで公表していません)。

振動吸収性も優秀です。剛性過多にならない軽量フレーム&細身のシートステーで、アルミフレームや高剛性レーシングカーボンフレームと比較すると、段差の衝撃が半分以下に抑えられている印象です。とっても快適。

パワーのあるライダーが思い切り加速すれば、柔らかめに感じるかもしれませんが、ヤワイと不満になるほどではない適度な剛性感。サイクルングロードを走るには、個人的には丁度良い剛性でとても気に入りました。剛性過多だと長時間のライドでは疲れやすかったり、踏み込みで脚が跳ね返されるような感覚が出てしまう場合がありますが、DARE MR1にはそれがありませんでした。

そして・・・軽いです。重量が。走行感が。特に加速や登坂時に軽さを実感します。

DAREとしてはヒルクライム用途として売り出したいのか、ヘッドチューブは長めの130mm。コラムスペーサーが少なくて済みシルエットがカッコ良くまとまります。

バランスの取れたフレーム、コストパフォーマンスを意識しながら軽量バイクを組むのにもお勧めです。ロングライド、ヒルクライム用に最適なフレームだと思います。

 

 

DERE MR1

DERE MR1 ナイトホワイト フレームセット

DAREはディアーと読みます。台湾発の新興ブランドですが、多くの有名メーカー・カーボンフレームのOEM生産を受けている実績があります。そういわれてみれば、シートステーとトップチューブ接合部のあたりだとか、ダウンチューブの断面形状だとか、各部はどこかで見たような・・。

フレーム実測重量960g(510mm)Fフォーク実測重量355g(コラムカット未)プレスフィットBB86、シートピラー径27.2mm、シールドベアリングヘッド小物&カーボンコラム用アンカー付属、コラムスペーサー10mm2枚5mm1枚付属、スペアのディレーラーハンガーまで付属しています。

BB周辺やチェーンステーは肉眼でもはっきりとわかる左右非対称設計。OEM生産で培った技術とノウハウが、コストパフォーマンスに優れた価格に凝縮されています。電動コンポーネントにも対応するワイヤー内蔵設計。細身のシートステーはしなやかで乗り心地も良さそうです。

メーカー希望小売価格

税抜き:249,000円

税込み:268,920円

2016年8月24日追記

輸入代理店アキコーポレーションの新製品発表会がありました。

MR1はチェーンウォッチャー直付け、トップチューブが後方から二股に分かれてシートステーに連続する構造にモデルチェンジ。ナイトホワイトのカラーリングも変更になります。

http://www.akiworld.co.jp/dare/index.html

2016年モデルは輸入代理店の在庫に限り、特価にてお取り寄せ致します。大幅にモデルチェンジになった2017年モデルも魅力ですが、現行モデルも大変お買い得な価格になっております。お問合せください。

あなたは誰?

DARE MR1

ダンボール箱の内側にもう1枚ダンボール板がはいっています。厳重に梱包されたフレームとフロントフォークがタイラップで浮かせるように固定されています。輸送中に万一箱を投げられたとしても、傷がつかないような梱包です。

箱を開けて梱包で感心してしまいました。中身のご紹介はまた後程。

PAGE TOP