タグ「 MAVIC 」の記事

41件の投稿

MAVIC2019カタログ

7月4日MAVICの販売店向け2019年モデル展示会に行ってきました。

ホイールは全てを列挙できませんが、

継続モデル

コスミックPROカーボンSL UST

キシリウムPRO UST

キシリウムエリートUST等

新規モデル

発売延期になっていたキシリウムPROカーボンSL UST

コスミックPROカーボンUST

メーカー希望小売価格

税抜き:240,000円

税込み:259,200円

コスミックPROカーボンSL USTとカーボンリムは全く同一のものが使われています。走行時の慣性質量は変わらないと思われます。スポークとハブが異なります。ノンSLはFTS-Lハブとエアロスポークですが、所謂きしめんスポーク=楕円形状ではなくプレスの扁平加工スポークになります。リアフリー側クロス、反フリー側ラジアル組でイソパルス組のSLと比較してロングライド向きのより振動吸収性の良いマイルドな乗り味になるそうです。

アクシウムエリートUST SUP

メーカー希望小売価格

税抜き:45,000円

税込み:48,600円

戦略的価格でUSTチューブレスとSUP=溶接ジョイント&切削研磨仕上げとなってモデルチェンジ。

ディスクブレーキ仕様のカーボンリムは全てがリムブレーキ仕様とは異なる専用設計。

アクシウムエリートUST SUPはこの価格でチューブレスタイヤ付属!完成車からのグレードアップには自信を持ってお勧めいたします。

カタログは配布できません。ご来店のお客様にはご覧いただけます。アパレルの2019春夏モデルもカタログでご覧いただけます。

ラインナップが増え、MAVICホイールは〇〇だよね、と一言では語れない違いがホイールのモデルごとにあります。ロングライドやサイクリングロード走行がメインの方、レース志向で加速や反応性及び剛性感を重視する方、ヒルクライム決戦用・・・etc。また、体重やペダリング及び常用速度や加速力によって、ホイールに要求される性能が異なります。

ご来店の上、ご相談ください。

竹の塚店 井田

 

MAVICホイールの主要モデルが2018年7月1日より価格改訂になります。

表記は全て税抜きのメーカー希望小売価格。6月12日現在の竹の塚店在庫ホイールの価格改正例。

キシリウム・エリートUST 85,000円→7月1日より95,000円

キシリウムPRO UST 130,000円→7月1日より140,000円

コスミックPROカーボンSL UST 280,000円→7月1日より320,000円

その他の製品の価格についてはお問合せください。

お目当てのホイールをお求めになるなら、値上がり前の今がチャンスかも!?

クリンチャー仕様旧モデルもお買い得価格にてご提供します。(展示品在庫限り)

追伸:2018年度生産が先送りとなってしまったキシリウムPROカーボンUSTシマノフリー用のみとなりますが、7月に入荷予定となります。MAVICホイールの異端児キシリウムPROカーボンがチューブレス化により、更にロングライドに最適化された乗り味になると思われます。

竹の塚店 井田

 

MAVICフリーボディオイル

MAVICフリーボディ用ミネラルオイル

内容量:50ml

おおよそ走行距離2,000kmをめやすにフリーボディ内部の清掃後に注油をお勧めいたします。

インスタントドライブ360を除くFTS系フリーホイールシステムが該当します。インスタントドライブ360は純正グリスが使用量も含めて指定されています。

・リアホイールの空転時に回転が止まるのが早くなった。

・リアホイールの空転時にクランクが供回りしてしまう。

・フリーのラチェット音が大きくなった。

等の症状がありましたら、壊れにく長持ちするMAVICホイールではありますが、早めのオイルアップがお勧めです。

ロードバイク系のFTS-Lフリーハブなら、スプロケットを外してしまえば(ついでにスプロケットも綺麗にしましょう)5mmアーレンキーと17mmスパナがあれば、分解は比較的簡単です。ラチェットの爪やバネ、薄いワッシャー等の紛失しやすい小さな部品がありますのでお気を付けください。もちろん、セオサイクル竹の塚店でもメンテナンス作業を承っております。

また、MAVIC FTSフリーの構造上、グリスでは回転が渋くなったり、オイルでも成分によってはパッキン類を痛めてしまいます。基本的には純正オイルを推奨いたします。しかし、こんな代替品も・・・

メーカー希望小売価格

税抜き:2,000円

税込み:2,160円

竹の塚店 井田

重量 F:645g R:805g Pair:1450g タイヤ:260g(1本) リム重量:450g

リムハイト:40mm リム幅:25mm

カーボンリムUSTチューブレスシステム

スポーク F:18本ラジアル組 R:24本イソパルス組(フリー側ラジアル) スポーク素材:スチール

リアハブは40ノッチのインスタントドライブ360

700×25CイクシオンプロUSTチューブレスタイヤ付属

シーラント120ml付属

メーカー希望小売価格

税抜き:280,000円

税込み:302,400円

シクロワイアードバイシクルセオ新松戸店飯島君のMAVICコスミックPROカーボンSL USTホイール・インプレッション記事があります。

販売価格は店頭にてご確認ください。

画像は後日UPします。

竹の塚店 井田

画像のCosmic UltimateとSALOMON XA Proは私物のため少々汚れ等があります。ご容赦ください。

OrthoLite(オーソライト)インソールはMAVICと同じアメアスポーツグループに属するSALOMONのトレランシューズ、トレッキングシューズを始め、多くのアウトドア用シューズに採用されているインソール。薄く軽いわりに衝撃吸収性に優れ、通気性や耐久性、消臭性も優秀、標準インソールとして充分過ぎる性能と品質を誇っています。

ソール剛性(インデックスエナジートランスファー)100と60と比較すると、100のCosmic Ultimateは明らかに硬くしならない事が感じられます。しかし60のKsyrium Eliteはしなってパワーロスするような感覚がある訳ではありません。あくまで比較すれば剛性の違いは体感できますが、どちらを選ぶかは走り方や好みの問題でしょう。私の足には合っているシューズなのでソールが固いからといって長距離で痛みが出ることはありません。

また、ソール剛性の違いだけでなくCosmic Ultimateはアッパーの要所をカーボンで補強しストラップもカーボンなので、伸びやシューズの中で足が動くことがありません。軽いのに高剛性な作りです。

片足40gの重量差がありますが、ダンシングの引き足でCosmic Ultimateは「軽っ!」とはっきり感じられます。シッティングのペダリングでの踏み足は、私の脚力ではこっちがイイと断定できる差はありません。レーシングユースでダンシングでの走りも重要視するかどうか、後はご予算で決めて頂ければ宜しいかと思います。

個人的にはゆったりとしたコンフォートライドならキシリウムエリートでも充分、ガンガン走るならコスミックアルティメイトを選びます。

竹の塚店 井田

PAGE TOP