タグ「 Snap-on 」の記事

9件の投稿

Snap-on 3/8 ヘックスソケット

Snap-on 3/8 ヘックスソケット4mm~10mm

ラチェットハンドルと組み合わせで、こちらの方が作業が早く便利な場合に使います。スポーツサイクルのクランク、BBなどの作業に主に使用します。4mm~5mmはほとんど使いません。6mm以上のサイズのソケット+ラチェットハンドルで使用します。

正直に申し上げてヘックスソケットはSnap-onを選択する必然性はありません。サイズの大きなヘックスソケットならSnap-onも何の問題もなく使用できます。サイズの小さいヘックスは硬く変形しにくいもの、ソケットならハゼット、レンチならPBが個人的には使い勝手が良いと思います。スナップオンのヘックスは材質が軟らかいです。使用頻度は少ない工具なので、愚痴をこぼしつつも問題なく使用継続中の工具です。

 

Snap-on AW9-Kインチサイズアーレンキーセット&9/64インチアーレンキー

Snap-onインチサイズアーレンキー

めったに使わないインチサイズの工具を紹介します。

この工具を買ったのは、カンパニョーロCレコードを組むためでした。

Cレコードのデルタブレーキはインナーワイヤーを3.5mmというありえないサイズのイモネジで固定します。3.5mmのアーレンキーなどどこにも売っていません。さあ困った・・・お客様のオーダーが組めない・・・。Snap-onバンのセールスさんに尋ねると、インチサイズに3.5mmに近似値と言えるようなサイズがある、との事。試してみるとこれが使える!9/64インチ=計算上は3.5718mm、少しきついけれど問題なく使えます。緩くてナメてしまう危険性があるよりもきついのはOKなのです。

目出度くCレコードフルセットのオーダー車を組む事ができました。

その後、MTB大流行時代に一部のアメリカ製ステムなどに、インチサイズアーレンキーが使われていました。

今では全くと言っていいほど出番が無くなってしまいましたが、色々と当時の思い出が詰まった工具です。

カンパニョーロCレコード・デルタブレーキは調整に非常に時間が掛かるのと、効きもいまひとつ、メンテナンスも大変・・・と不評に付き短期間のうちに生産中止になりました。

スナップオン・スタンダードソケット

Snap-onスタンダードソケット

1/4インチの8mmから1/2インチの23mmまで。スタンダードソケットは他の工具で外れない場合などのリカバリー使用も考慮して6ポイントを多く揃えています。

アーレンキーやドライバーなどは使い勝手を試しつつ、いろいろなメーカーの製品を使用していますが、ソケットはスナップオンで必要なサイズが揃えばこれで充分だと思えます。ボルトへのフィット感や使い勝手など、他メーカーでも良い製品が増えています。自転車では使用頻度は低い工具なので、早々に寿命が尽きる事もありません。

思えば、スナップオンを買い始めた当初は「スナップオンの工具を持ってる、使ってる」で満足していたようです。

工具は手の延長となり、神経が行き届いた感覚で使える事、工具を当てた対象の状態(品質や傷み具合、使用状況、どの程度のレベルで組めたのか・・・etc)がより判断できる工具が良い工具なのだと思います。

スナップオン・ディープソケット8mm~17mm

スナップオン・ディープソケット

8mm~10mmは1/4ドライブ用。13mm以上は3/8ドライブ用のスナップオン・ディープソケット。

お客様ご自身でモンキー等を使ってねじを回そうとしたけれど外れなかった、お子様の自転車の補助輪取り外しの際などに多いです、ナットの頭もナメて変形してしまっています。お客様ご自身ではどうしようもなくなって、店にお越しになる場合が多いのですが、、、

こんな時でもスナップオン・フランクドライブなら、ほぼ確実にボルトナットの頭を捉えて回す事が出来ます。よほど酷い状態でない限り、作業が可能です。

ご自分ではどんなに時間を掛けても外せなかったのに、あっさりと短時間で作業が終わり、驚かれるお客様も多くいらっしゃいます。

ボルトナットに工具を当てるには12Ptが使いやすく作業が早いのですが、ナメにくさとナメかかったボルトナットの作業には6Ptが優れています。対象のボルトナットのサイズ、適正締付トルクや状態に合わせて6Ptと12Ptを使い分けています。素早い作業が要求される時は12Pt、時間を掛けて確実な作業が必要な時には6Pt、なかなか回らないダメージのあるボルトは6Ptを使用・・・等です。

※症状や状態は自転車1台1台全て異なります。症状が酷い場合には作業時間が掛かる場合もございます。予めご了承ください。それぞれの症状に対して確実且つ短時間での作業を心掛けておりますが、状態次第で難易度が変わりますゆえ、どうしても作業時間は変動します。ご理解頂けますようお願い致します。

スナップオン3/8フレックスヘッドラチェットハンドル&1/2ブレーカーバー

Snap-on1/2ブレーカーバー&3/8フレックスラチェット

主にBB(ボトムブラケット)用として使います。

上はスナップオン3/8フレックスヘッドラチェットハンドル&パークツールカートリッジBB用ソケット

下はスナップオン1/2ブレーカーバー&シマノTL-LR20カートリッジBB用ソケット

1/2ブレーカーバーは他の工具では緩まない場合に使用します。BB交換では頻繁に活躍するツールです。

うわ~緩まない!外れない!という時に、この長さと強度のある工具はホント頼りになります。

上のソケットは1/2ドライブ用birzmanシマノカートリッジBB&ISIS用、シマノボスフリー用。

PAGE TOP